全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 バシリズム・ドラムスクール スクールブログ 最適な練習方法...

最適な練習方法とは??

どうも!皆さんお元気ですか~!?

私は先日公園でサッカーボールを10分ほど軽く蹴っていたのですが、翌日とんでもない筋肉痛に襲われました…(失笑)

ドラムを叩く筋肉とサッカーボールを蹴る筋肉はやはり違うようですね!
ということがわかったと同時にひどい運動不足を反省しました(笑)

さて!それはさておき、今回は「最適な練習方法」についてです。

ドラム経験者の方々は日ごろどのような練習をされていますか?
いきなりドラムセットで曲の練習を始めますか?
それともみっちりパッドで基礎練習から始めますか?

よく、生徒さんから「ドラムがうまくなるにはどのような練習をしたら良いですか?」という質問を受けることがあります。
そこで私がいつも答えるのですが、それは、

「何について」上達したいのかということによる

ということです。

練習方法は数限りなく様々な雑誌やテキスト、インターネットなどで紹介されています。
それを全部毎日やるのは24時間あっても終わらないでしょう。。。

そこで、限られた時間で何を練習するかというチョイスになるわけですが、その選ぶ基準は自分が「何について」上手くなりたいか、ということなのです。
それは基礎練習であっても曲の練習であっても同じです。

例えば、

目標:もっと速く叩けるようになりたい

練習方法:クリックを少しずつテンポアップさせる、フィンガーコントロールを鍛える、ひたすら振りまくる、など…

目標:テンポキープできるようになりたい

練習方法:クリックに合わせて4分8分16分などを叩く、演奏を毎回録音する、口でカウントを言いながら叩く、など…

このように目的により適した練習方法は様々です。
なので、まずは練習方法よりも何ができるようになりたいのかをできるだけ具体的に定め、その上で最適な練習方法を見つけるというのが私は良いと思います。

「○○の○○ができるようになるにはどのような練習が良いか?」

ということでしたら、もちろん具体的なアドバイスをします!!


当スクールではこのような真面目な話や、くだらないトーク(笑)を織り交ぜつつわいわいやってやっております!

ではまたお会いしましょ~^^

 

(2010年5月7日(金) 14:43)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

お兄さん的存在!ハートフルなアドバイスと「いい音色」を目指す

ブログ記事 ページ先頭へ