サイタ音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #3,213 ...

#3,213 (8/21)「アサラトでリズム感を♪」

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

アフリカに"アサラト"(テレビとも言う)という小物パーカッションがあります。
(画像①A参照)

何十年か前に日本でも"パチカ"という名称で流行り(画像①B)、アサラトは木の実、パチカは樹脂製なのが特徴です。

シェイカーのように振ったり、玉同士をぶつけたりしながら音を出す楽器ですが、玉が当たる音がかなり大きいので、音が小さいコルク製タイプが練習にはオススメです(画像①C)。

そんなアサラトやパチカは、リズム感を養うには良い楽器なので、ドラマーでも是非チャレンジしてほしいと思い、このブログで基本的な奏法を少し紹介したいと思います♪

(画像②以降を参照)

まずは画像②のように、人指し指と中指の間に紐を通し、画像③のポジションを作ります。紐の長さをうまく調整して握りやすいようにしましょう。

槍を投げるように小指側を前にし、このまま前後に振ってシェイカーのリズムを刻んでみましょう(テンポ100位で16分や3連を♪)。

次にシェイカーのリズムの状態から、小指側にある玉を離し、振りながら親指側にある玉に当ててアクセントを付けます。更に再び振りながら小指側の玉に当てます。これを繰り返し、ちょうど3連の頭にアクセントが入った感じのリズムになります(画像④⑤)。拝んでいるかのようなフォームになります。

画像⑥は音符で表すとこんな感じになります。
アクセントは互いの玉に当たる時です。アクセント以外はシェイカーの振るリズムです。

3連頭のアクセント・パターンが出来たら、16分の3つどりにもチャレンジしてみましょう(画像⑦)。
動きは全く同じでリズムの取り方だけが変わります。

と、基本だけ紹介しましたが、文章と画像だけで理解するには難しいと思いますので、ネットにある動画などを参考にされてはと思います。

どんな楽器もまずはリズムから♪
残暑はアサラトでリズム感を養いましょう(^_^)/

#3,213 (8/21)「アサラトでリズム感を♪」

(2019年8月21日(水) 0:02)

前の記事

次の記事

新着記事

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 昨日は久々の天六にてレッスン。246グループも営業を再開し少しずつ生徒さんが元の会場に戻ってきた感じです。 本来ならば夏に向けてレコーディング実習の準備をしている時期ですが、今年はそんな余裕は無く秋頃に実施出来たらと思いながら少...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ ドラム譜作成の仕事が格段に増えレッスンを越える勢いに驚いてます( ̄▽ ̄;) 確かに外出せず出来る仕事なので嬉しいですが、何だか完全に引きこもりになり、ずっとPCの前にいます。これも新しい形なのかもしれません。 さて、こ...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ レッスンを再開してから自身のスクールの内容を色々と変えました。 これまで適当に楽曲のドラム譜を配っていましたが、自粛中に考えた"ドラム譜作成仕事"のシステムを活かし、生徒さんが事前にチャレンジしたい楽曲を依頼していただき、レッス...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 自粛中、普段出来ない事をされたと思いますが、持っている楽器のメンテナンスをしてみるのも良いかと思います。 ドラムも定期的にメンテナンスが必要です。スネアを例に紹介してみましょう。 ・ヘッドの交換(表だけでなく裏ヘッドも) ...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ ドラム譜作成の仕事もそれなりに依頼が増えてきました(^_^)/ スタジオでレッスンが出来なくてもスマホでデータが送れるので生徒さんが練習出来るようにサポートして行けるのが嬉しいです♪ さて、緊急事態宣言の解除を受けて、よう...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ