サイタ音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #3,213 ...

#3,213 (8/21)「アサラトでリズム感を♪」

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

アフリカに"アサラト"(テレビとも言う)という小物パーカッションがあります。
(画像①A参照)

何十年か前に日本でも"パチカ"という名称で流行り(画像①B)、アサラトは木の実、パチカは樹脂製なのが特徴です。

シェイカーのように振ったり、玉同士をぶつけたりしながら音を出す楽器ですが、玉が当たる音がかなり大きいので、音が小さいコルク製タイプが練習にはオススメです(画像①C)。

そんなアサラトやパチカは、リズム感を養うには良い楽器なので、ドラマーでも是非チャレンジしてほしいと思い、このブログで基本的な奏法を少し紹介したいと思います♪

(画像②以降を参照)

まずは画像②のように、人指し指と中指の間に紐を通し、画像③のポジションを作ります。紐の長さをうまく調整して握りやすいようにしましょう。

槍を投げるように小指側を前にし、このまま前後に振ってシェイカーのリズムを刻んでみましょう(テンポ100位で16分や3連を♪)。

次にシェイカーのリズムの状態から、小指側にある玉を離し、振りながら親指側にある玉に当ててアクセントを付けます。更に再び振りながら小指側の玉に当てます。これを繰り返し、ちょうど3連の頭にアクセントが入った感じのリズムになります(画像④⑤)。拝んでいるかのようなフォームになります。

画像⑥は音符で表すとこんな感じになります。
アクセントは互いの玉に当たる時です。アクセント以外はシェイカーの振るリズムです。

3連頭のアクセント・パターンが出来たら、16分の3つどりにもチャレンジしてみましょう(画像⑦)。
動きは全く同じでリズムの取り方だけが変わります。

と、基本だけ紹介しましたが、文章と画像だけで理解するには難しいと思いますので、ネットにある動画などを参考にされてはと思います。

どんな楽器もまずはリズムから♪
残暑はアサラトでリズム感を養いましょう(^_^)/

#3,213 (8/21)「アサラトでリズム感を♪」

(2019年8月21日(水) 0:02)

前の記事

次の記事

新着記事

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ Cytaにはアクセス数と感想コメント数のコーチ・ランキングがあります。 ↓ URL https://cyta.jp/drum/ranking_access/ 画像は先日のものですが、どちらも1位でした♪ 大変有難い事では...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 気が付けばもう9月中旬。今年は良い事もあれば悪い事もありました(>_<) この3連休もレッスンに励んでおりますが何も無い事を祈ります。 さて、レコーディング実習で使用しましたスネア、ペダル、スタック等を後から気になり、レッスン...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 私のドラム人生30周年記念企画として何年か前からオリジナル・アルバムのレコーディングを続けてますが、まだまだ録れていないものが多く、とても来年には間に合いそうにありません(^_^;)。 仕方なく35周年を目指してスケジュールを変...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 今月11日からレッスン確定のシステムが少し変わり、コーチがレッスン登録すると一旦生徒さんの方に連絡が行き、確約確認をしてから決定するようになりました。 (スクールからのメールをご確認ください) レッスン後に次回日程を決める ...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ レコーディング実習に参加された生徒さんの演奏をまとめたCDアルバムが完成し、順にレッスンで配布し始めてます(^_^)/ 今年も参加者が多かったので2枚組になりました。2枚目にボーナストラックとして私の演奏も3曲入ってます♪ ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ