サイタ音楽教室ドラム教室神奈川 ドラムスクール 「PEACE」 スクールブログ ドラムの音は十...

ドラムの音は十人十色

いきなり皆さんに質問です!


同じドラムセットを同じスティックを使って性別、体型などの異なる人たちが叩いても同じ音が出ると思いますか?


答えは「NO」です。
ドラムの音はじっくり聞くと、とてもいろんな表情を持っています。
スネア一つ、ハイハット一つとっても実に様々です。
故に、叩く人によって敏感にそれを表現してくれます。
人によって力も、叩く場所も、スティックのふり幅も違いますからね。


だからこそおもしろい!


と声を大にして言わせてください笑。

皆さんは当然「ひらがな」は書けますよね?(馬鹿にしているわけでは決して無いです)
例えば「あ」という文字。
誰が書いても「あ」は「あ」です。

でも同じ大きさ、同じ形の「あ」は本人以外には書けないんです。
文字にいろんな「書体」があるように。
ドラムの音にも人それぞれの「書体」があります。

力の入れ具合、性別、体型、いろんな「あなただけの要素」が合わさって一つの音になる。
それを「グルーヴ」といいます。

自分の「グルーヴ」を磨くことで、音楽の可能性が一気に広がりますよ!

 

(2010年4月22日(木) 23:29)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メジャーでツアー活動!チームでのアピール、調和まで相談

新着記事

先日、ライブの楽屋で僕の尊敬するバンドBOMB FACTORYのドラマーについて友人と話をしていました。そしてその友人が「あの人のドラムは生きてるなぁ」と言ったんです。なるほど確かに!あの人のリズムは「生きて」います。そこで「生きたリズム」ってなんなのか、少し考えました。 まずは… な...

最近めっきり寒くなってきましたねー。風邪をひきやすい時期でもあるので、皆さん気を付けてくださいね。 先日はライブで九州まで行き、深夜に機材車で移動して戻ってきました。夜中は寒く、車内で暖房をつけたくなるんですが、あまり温めすぎると今度は眠くなって運転できなくなるんですよ。仕方なく暖房をつ...

ただいま実家に寄生虫…もとい、帰省中ですww。 そして偶然見つけたのですが、琴の楽譜がありました。 当時母が琴を演奏していたので、まぁ驚きはしなかったのですが、中身を見てみるとこれがまたおもしろい。 かなり古いもので、昭和6年初版発行! 現代のような音符が書いてあるような楽譜ではな...

はい!いきなり誤解を招くようなタイトルですみません。 これも皆さんの注意を引くためです(←言わなくてもいい)。 僕が言う「練習」とは、夏休みの宿題のように、必要に迫られてやる課題のことです。 この「必要に迫られて」というのがポイント。 いやいややっていても絶対に身にはつきません。 ...

はじめまして!HIROです。初のブログ投稿です。 「初心者の方へ」でも書いているのですが、僕とドラムの出会いは小学3年生の時です。 当時小学校のマラソン大会でビリから2番目だった僕は運動が大嫌いでしたww。 それでも学校の方針で、部活動には入らなないといけない…。 そこで運動嫌...

ブログ記事 ページ先頭へ