サイタ音楽教室ドラム教室東京 ドラムスクール・アフタービート スクールブログ 「パタフラフラ...

「パタフラフラ」の練習をします。

初めましての方は初めまして!講師の樋口と申します。宜しくね!(-▽-)/


いきなりですが、「ルーディメンツ」という言葉があります。

ルーディメンツというのは、もともとはスネアドラムの基本練習として、クラシックやマーチングの方面で編み出された奏法集です。

まぁ簡単に言いますと、ドラムを滑らかに叩く為の練習、っとでも言いましょうか☆

ルーディンメンツ自体の歴史は古く、20世紀の初め頃にはもう基本的なことはまとめられていたようですが、ポピュラードラムの世界に応用して一躍その手法を全世界に広めたのは、御大スティーブ・ガッド。今ではそうした奏法は当たり前のように用いられているため、ドラマーを目指すならば必ず学ばなくてはならないものに近くなっています。

といっても、本来ルーディメンツとは高度なドラムテクニックをマスターするために考え出された練習法のようなものなので、堅く考えずにしっかり取り組んだほうが最終的にドラムが早く上達すると思います。

ルーディメンツには、「シングルストローク」から始まり、「ダブルストローク」、「パラディドル」、「ドラガディドル」、「パタフラフラ」などがあります。

何を言ってるのか分からないという方もいると思いますが、レッスンの中でゆっくりやっていきまっしょい!




「今からパタフラフラの練習をします。」

言葉だけで想像すると、何だか笑えて来ますね・・・w

 

(2010年3月31日(水) 0:24)

次の記事

新着記事

スタジオに入って、真っ正面にあるドラムセットを眺めて、セットに座ってみると、始めての人は誰しも緊張すると思います。 そこでドラムを演奏するにあたり、3つの理「ことわり」を教えちゃいます。 一つ目に、「脱力する事」 新しい事をするという事は、慣れてない事をするわけですから、当然力が...

初めましての方は初めまして!講師の樋口と申します。宜しくね!(-▽-)/ いきなりですが、「ルーディメンツ」という言葉があります。 ルーディメンツというのは、もともとはスネアドラムの基本練習として、クラシックやマーチングの方面で編み出された奏法集です。 まぁ簡単に言います...

広大なアフリカ大陸には、私達を魅了する様々な音楽、楽器、スタイルが存在します! あるカメルーンの人が言いました。 「私たちは言葉をメロディーやリズムで覚える。」 人の名前でも、日本語の単語でも、メロディやリズムにするとすぐに覚えられるというのです。 なんでも、カメルーン...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ