サイタ音楽教室ドラム教室東京 感性を磨くドラムスクール スクールブログ 感情が表に出な...

感情が表に出ない演奏者

こんにちは
「感性を磨くドラムスクール」の青木です



前回の「入り込んで表現する」話について。


そういう感じを見せずに、淡々とやったり、冷静に周りを見渡すようなタイプの人もいます。

何考えてるかあまり積極的に表に出さない、出ない、人ですかね。


そういう人に、無理に「暴れろー!」というようなことは思いません。
まあ、「もう少しノッてる感じ出したらいいのに」ぐらいの時はありますが。


そういうタイプも混在するからバランス取れてる、ってこともありますよね

感情が爆発してる人の横で冷静になれてる、とか笑
そのおかげで、ライブではお互いが目立てたり
落ち着いてるからお客さんも安心して観れる、とか。
単純に手元が安定してるから、演奏が確かなものになる、とか。

「入り込んでる=暴れる」
ではないのですよね。



だから、あなたがもしそういうことでコンプレックスに思っているのであれば、いい面もあるということを知っておいてください

活かせるところを活かしていきましょう

 

(2019年5月19日(日) 12:10)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

基礎や専門用語よりも、実践を重視!楽しみながら身体で覚えるドラム教室

新着記事

ドラムブログ こんにちは 「感性を磨くドラムスクール」の青木です 最近クラシック界隈にもご縁があって、ちらほらコンサートに伺うんですが、指揮者やパーカッションがいないことがあって、バンドに慣れてると結構衝撃的です。 つまり、リズムを取る役の人がいないんですよ...

こんにちは 「感性を磨くドラムスクール」の青木です 初心者の方だと特に、やはり単純に叩き方の技術をお教えすることにはなるのですが、その節々でも「感性を磨くスクール」ならではのエッセンスを交えるようにしています 雑に言えば、 「考えるな!感じろ」 というようなこと...

こんにちは 「感性を磨くドラムスクール」の青木です このスクールを開校してから、4ヶ月経ったみたいです! 中途半端ですけど笑 「そういえばどのくらい経ったっけ??」 って何度か思って、さっきやっとちゃんと調べて気づきました笑 「コーチ」とか「先生」とか呼ばれ...

こんにちは 「感性を磨くドラムスクール」の青木です 前回の「入り込んで表現する」話について。 そういう感じを見せずに、淡々とやったり、冷静に周りを見渡すようなタイプの人もいます。 何考えてるかあまり積極的に表に出さない、出ない、人ですかね。 そうい...

こんにちは 「感性を磨くドラムスクール」の青木です 2こぐらい前の記事で書いた、ドラムの動作についての部分で、 「心身全体を使う表現の一部にできること」 ということに、少しコミットしたいと思います 音楽活動って「表現すること」なので、実演する時も表現しますよ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ