サイタ音楽教室ドラム教室東京 タカジャンドラムスクール スクールブログ テイクバックは...

テイクバックは大事です その2

皆さんこんにちは。
講師の澤野貴義です。

今回は以前少し触れた「テイクバック」について詳しく説明するとともにリズムキープをする際に役に立つ練習方法を解説します。
まずは「テイクバック」についての解説を。
ドラムセットの演奏ではスティックやペダルのビーターを打面ヘッドに当てて楽器が発音します。この瞬間を「ショット」と言います。野球やゴルフでいうとバットやゴルフクラブがボールに当たる瞬間にも「ショット」と言いますね。
演奏ではこの「ショット」の瞬間に意識が集中すると思います。確かに大事ではあるのですが、実はそれ以前のモーションの段階、つまり「振り下ろし」て「ショット」するより前の「振り上げ」て「テイクバック」することが同じくらい重要なんです。

この「テイクバック」を振り上げるタイミングを揃えることでリズムキープをする練習に役立ちます。
具体的な練習方法としては、
1)メトロノームで8分音符を鳴らして
 *8分音符(♫)は1拍に2つ鳴る音符。デジタルタイプのメトロノームならだいたい鳴らせると思います
2)ウラ8分のタイミングで振り上げる
 *1拍に2つ鳴る音のうち後の方の音。スティックやペダルを使わずに手足の動きだけでもOK
3)オモテ8分(4分音符のタイミング)に「ショット」が正確に当たるように振り下ろす

最初は8分音符のウラのタイミングで振り上げることに集中して練習しましょう。オモテ8分(4分音符)で振り下ろす「ショット」は多少ズレても構いません。
そして振り上げる高さはなるべく一定に。ウラ拍を取るトレーニングにもなります。
ウラ拍を感じながら一定のリズムで振り上げることでしっかりとしたリズムキープが簡単にできるようになります。

皆さんもチャレンジしてみてください!

 

(2019年2月20日(水) 19:17)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

鎌倉でカフェライブも!サポートでも活躍中の親身なレッスン

新着記事

みなさんこんにちは。 講師の澤野貴義です。 涼しくなってきた今日この頃、いかがお過ごしですか? 「Spain」、ジャズピアニストのチック・コリアの曲です。 いろいろなヴァージョンでの音源がありそれぞれ素晴らしいですが、自分は本家よりもヴォーカリストのアル・ジャロウのライブ盤が好...

みなさんこんにちは。 講師の澤野貴義です。 先月のことになりますが、ジャズのライブイベントで「神保彰ワンマンオーケストラ」を観てきました。 すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、80年代にインストバンド「カシオペア」に参加されて以来、日本のドラム界で第一線を行くプレイヤーの方で...

みなさんこんにちは。 澤野貴義です。 先日、お手伝いしているブラジル・ラテン系の曲を演奏するバンドのパーカッションのレコーディングをやってきました。 そこそこいろいろなレコーディングをしてきましたが、毎回緊張とともに集中力を切らさないように気をつけてやっております。 すでに、歌...

みなさんこんにちは。 講師の澤野貴義です。 前回は練習に対する目的意識、集中力思って取り組もう、という内容でした。 今回はさらに練習のレベルアップを図るため、いわゆる予習・復習をしましょう、ということを提案したいと思います。 前回の内容と重複しますが、スタジオでの楽器を使っ...

みなさんこんにちは。 講師の澤野貴義です。 なんだかちょっと偉そうなタイトルになってしまいましたが、スタジオでの個人練習や練習パッドを使った基礎練習など様々な練習時に何を考えるべきか、ということを書こうと思います。 まず、その練習は「何のための練習」か。 難しいフレーズだったり...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ