全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 こだかり どらむ音楽教室 スクールブログ 4月17日 モ...

4月17日 モノゴトの本質 その2(全3話)

続きですが、

レバニラとニラレバ。
どっちがちゃんとした名前なんか~??
っちゅー疑問を追求するきっかけをくれた 某K氏に その旨を早速伝えてみると...

「それはちが~~~う」

...と 一蹴されてしまいました。笑
理由の文面を添えて。


その文面の一部と やゃ編集したものをココで紹介させて頂きます。
(ちなみにこの方とは「カレーライス」と「ライスカレー」についても調査の話をしておりました。)

 

「バカボンのパパが言っていた事は知っている。

しかし

その物の本質により言い方が変わってくると思う 

レバニラだかニラレバだがなんでもいいのだが

それを食べる人がレバーを多く食べたいのかニラを多く食べたいのかによって決まると思う

鍋料理を食べるのに、
冷蔵庫にキムチが残ってたのを思い出しそのキムチを入れたら瞬間にキムチ鍋に変わる

そー考えてみるとメインに食べたい物を 食べたいだけ入れた料理がその名前になると「私(K氏)」が決めた 

カレーライスを大盛りしようとしてドンドンご飯を追加して行くとカレーが薄まりやがてご飯だけになってしまう

だからご飯を食った事になる 

こんなこじつけなのだ」 


...と。
続く。 

 

(2010年4月22日(木) 2:34)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

広島弁・育メンドラマー。温かい先生と「やっちょってよかった」がある

こだかり どらむ音楽教室
小鷹狩大介 (ドラム)

横浜・五反田・渋谷・原宿・新宿・溝の口・登戸・町田・大井町・都立大学・自由が丘・新丸...

ブログ記事 ページ先頭へ