サイタ音楽教室ドラム教室東京 ドラムスクール|GROOVE INC. スクールブログ ♪日本語or英...

♪日本語or英語、カウントはどっち♪

ドラマーが担当することの多い「1・2・3・4」などのカウント。

だいぶ前にも書いたんだけど、あらためてこの前思い知らされました。。。



カウントの重要性♪



ある程度演奏経験のある人なら分かると思います。




んが、今回は以前とはちょいと違う視点。



ほとんどの人が使っている
英語の「One・Two・Three・Four」カウント。

うちでレッスンを受けてる小学生以上の子のほとんどは
↑の英語カウント。

んが、幼稚園児(保育園児)の子はやっぱし、
日本語の「いち・に・さん・し」のほうが馴染みやすいです。

なおかつ、なぜか

「し」ではなく

「よん」


が、多いです。




理由は

いまだ分からずです(笑)




レッスン時ほとんど人には

英語の「One・Two・Three・Four」カウントを勧めてます。


理由はいろいろ。
書き出すと長くなるので、いずれ♪




なもんで、オレ個人は意図的に、

「ひー・ふー・みー・よっ!」

を使うこともあります(笑)



最後が

「よー」ではなく、

「よっ!」

てのは個人的なオレのこだわり☆




んが、このカウントも人それぞれ。



思考の働かせ方の違い。

です。





うちの生徒さんで、


「One・Two・Three・Four」を数えながら、なかなか叩けない人がいました。


「いち・に・さん・し」でも苦労しました。。




なもんで、

「早いテンポは難しいかもしれんけど、試してみよか?」とオレ…









☆★☆見事、出来ました☆★☆








『uno・dos・tres・cuatro…』






メキシコ人のおネエちゃんでした(笑)


ん~母語の影響力はスゴい…

 

(2010年4月22日(木) 2:26)

前の記事

次の記事

新着記事

ども、ドラムスクール|GROOVE INC.佐藤けんじです☆ お久しぶりのブログっす。 プライベートコーチの総合サイト「cyta.jp」にお世話になって4年。 こちらでのレッスン数(レッスンノート記載数)が3000件に到達しました!!! プレーヤーとしてのライブ数が1500本以...

行ってきました☆自身の南欧ツアー最終日。 スペインで行われた世界最大のレゲエフェスの祭典「Rototom Sunsplash」♪ レジェンド達が集うメインステージ終了直後、一斉に開始される複数のサブステージたち。(スカ/ルーツ/ダンスホール/ダブほか) オレはメインステージのすぐ...

前回のレゲエフェスの話を、うちのルーツレゲエ/ダブフリークの生徒さんに話しました。 ↓ 「マジっすか??????????????」 ひと呼吸、おいて。。 「マジっすか!!!!!!!!!!!!!!」 メンツの名前を見せました。。 ↓ 「・・・」 ふた呼吸お...

ども♪ドラム講師の佐藤けんじッス。 久々のブログ☆ ドラムコーチとしてレッスンもガンガンやってますが、もちろんプレイヤー活動も怠っておりませぬ。。 2012年8月、自身のメインバンドで去年に引き続き2週間の南欧ツアー決定しました☆ んでもって、その中のひとつ、ヨーロッパ...

すっかり忘れてましたが、うちの生徒さんに発見されて思い出しました。。 過去の記事(11/8/9)ですが↓ <a class="triangle" href="http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20110805/112181/">個人コ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ