全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ あると便利

あると便利


おはようございます。ドラム講師の金澤です。
以前、私のスティックケースの中身をご紹介しましたが、今回はリハーサルや本番時にあると便利な物を紹介していきたいと思います。

というのは、実際にスティックケースと楽器だけ現場に持って行ってもスタジオやライヴハウス等の環境によって対処しないといけない事が結構あるからです。

私が今までに経験してきた事からドラマーなら是非持っておいた方が良い物を紹介していきたいと思います。

●布テープ
出来れば白か黒。これは色々と役立ちます。一般的にはスネアやタムのミュートとして使われますが、ハードウェアが故障した時の応急処置にも使えるし、粘着力が強いので、一時ですが、スネアスタンドの補強にも使えます。
ただし、ガムテープはダメです。重ね貼りが出来ないですから。

●工具一式
工具と言っても沢山ありますが、ドライバーやペンチ、六角レンチはよく使います。小さなタイプを準備しておくと持ち運びにも便利です。

●クリップ式ライト
電池式のLEDライトは、何処にでも挟む事が出来るので、譜面を見る為に使ったり、手元や足元を照らしたりと、本番時の暗闇に役立ちます。

●グローブ類
軍手や革手袋など色々ありますが、ドラムは以外と手が汚れます。金属接触や摩擦がかかる部分が多いからですね。セッティング時に使うと便利です。

●光や振動でテンポが出せるリズムマシーン
本番時、曲のテンポ確認に使います。音が出せないのでこうゆう場合に便利です。
私は光るタイプを使っています。

当たり前のようで、結構役立ちますので是非参考にして下さい。

 

(2010年4月13日(火) 17:20)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ