サイタ音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #2,990 ...

#2,990 (1/10)「バスドラムの音を強くしたい♪」

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

今日はネタが沢山あります(^_^;)

まず3週連続で「シュガーラッシュ・オンライン」が映画ランキング1位~♪。クイーンも良いですが、さすがディズニーです(^_^)/
ちなみに20th Foxはディズニーの傘下です。続編となるシュガーラッシュは、これまでのディズニー作品やピクサー、スターウォーズも出るし、歴代プリンセスも全員登場、マーベルも出てきます(スターウォーズもマーベルもディズニーですからね)。もちろん私は上映開始後直ぐに観に行きました(^_^)

次に、昨日から十日戎。レッスンの合間に全国のえびす神社の総本社「西宮神社」に行ってきました(^_^)
西宮神社は福男で有名な神社で9日~11日が十日戎です。インストラクター兼、演奏家の私も個人事業主なので毎年参拝してます。昨日9日は"宵えびす"(よいえびす)、10日が"本えびす"です。お守りも新しく変え、新たな新年という感じです♪

で本題(^_^;)へ。
"ドラムの悩み解決シリーズ"と題して少しご紹介。
今回はバスドラムの音を強く出せない方に、強く出せる方法をアドバイスします♪
(画像参照)

まずは準備編。
フットペダルのセッティングから。
①ハイエンド・モデルのフットペダルなら付いているビーターの調整ボルト。チューニングキーでビーターの角度を打面に対して45度は離すようにしましょう。打面に近い程アクションが弱くなり音が小さくなります。又、細かいコントロールも出来なくなるので、この調整は大事です。

次に踏み方編。
②のように踵(かかと)が下がったヒールダウン奏法だと音が小さくなります。吹奏楽ではこの踏み方しかダメなようですが、それは間違い。③のように必ず踵は上げて踏むようにしましょう。

更にペダルを置く位置を④のようにフットボードの真ん中辺りにすると音も大きくなります。

と、1打踏むだけでも音を強く出すポイントは数多くあります。他にも色んな解決方法があるので、お悩みの方は是非体験レッスンで聞いてください(^_^)/


P.S.
●期間限定~体験レッスンで"Lemon"を叩こう♪
年末に話題となった米津玄師の"Lemon"を私の体験レッスンで叩けるようアドバイスします♪
もちろん初心者の方には一からドラムの基本をレクチャーした上でアドバイス致します。ご入会された方にはLemonを始めドラム譜をプレゼント♪

更にスクールでもお得なキャンペーンも開催中。是非ご活用ください(^_^)/
(下記参照)

●レッスン・マイル・プレゼント・キャンペーン
2019年1月~3月の3ヶ月期間限定で、通常レッスンの月トータル受講回数が2回以上になった生徒さんに1000マイルがプレゼントされます♪(ただしキャンセルとなったレッスンはカウントされません)
3ヶ月間限定ですが、3ヶ月で約1回分のレッスン・マイルが貯まる事を考えれば利用しないのは勿体無いです。是非利用してくださいませ(^_^)/

●新規生徒さん対象
~1レッスン・プレゼント・キャンペーン~
2019年1月~6月の6ヶ月期間限定で、体験レッスンを受講し翌日までに「入会フォーム」を送信していただいた方に、1レッスン(60分)分のマイルがプレゼントされます♪
無料体験レッスンで入会したら次の本レッスンも無料になるキャンペーン。ご友人などでドラムを始めたい方がおられましたら、是非紹介してくださいませ(^_^)/
※マイル・プレゼントは、入会金・初回受講料を納入されたタイミングでプレゼントされます。

#2,990 (1/10)「バスドラムの音を強くしたい♪」

(2019年1月10日(木) 2:34)

前の記事

次の記事

新着記事

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 昨日は電子ドラムを教えるスクールでレッスンでした(^_^) アコースティック・ドラムだと簡単に出来ない、電子ドラムだから出来る事として、容易にパーカッション・サウンドや、クローズ・リムショット音が出せます♪ 例えば、ハイタ...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ レッスンでドラム譜を渡していると、生徒さん自身も自分で譜面を書いてみたいと質問されます。良い事です(^_^)/ 見やすく演奏しやすい譜面を書くにはどうすれば良いか、簡単ですが少し紹介したいと思います。 (画像参照) ...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 新年早々レッスンや録音などバタバタと忙しい日々を過ごしております(^_^;) 新たな気持ちで励んでおりますが、インフル等も流行っているので体調管理も気をつけないといけません。 スクールのキャンペーン、多くの生徒さんが利用され好...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 一般的に販売されているドラム譜はバンドスコア譜や吹奏楽のパート譜だけです。 あとはドラムの譜面ではなく、コード譜やメロディ譜を見て演奏するしかありません。 ですが私のレッスンではパソコンでキレイに仕上げたドラム譜を生徒さんに配...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 気が付けば、あと5回でブログ更新数が3,000件になります。 3,000件、1年で365件と考えると随分長くこのスクールで講師をしていると実感します(^_^;) 実際スクールを始めてから10年程になります。色々ありましたが今日...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ