全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ パルス

パルス


こんにちは。ドラム講師の金澤です。
ドラムのリズムやビートは、鼓動(パルス)を感じさせることでノリやグルーヴを生み出します。

どんなに格好良いフレーズやパターンでも、パルスがないとダメなんです。
では、どうすればパルスを感じさせるリズムを叩く事が出来るのでしょうか。
それは、普段の練習で一定のリズムパターンを長く叩いているかで決まります。

人は最初から一定のリズムキープ力は持っていません。そのためにメトロノームやリズムマシーンを使うのです。

メトロノームはクリックとして使いますが、リズムを鍛えるのには最適です。

使い方も沢山ありますが、ここで誰でも出来る基礎練習を一つ教えましょう。

・メトロノームのテンポを60にする。メトロノームがない時は、時計の秒針を使います(1秒=テンポ60です)。

・このテンポに合わせて同じように4分音符を左右交互に叩く。

・クリック音が聞こえなくなると正確に合っている事になります。

シンプルな練習ですが、ゆっくりとしたテンポなので以外と難しいです。根気よくチャレンジしてみましょう~。


 

(2010年2月26日(金) 10:13)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・尼崎(JR)・芦屋・三ノ宮・兵庫・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ