サイタ音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ 単位

単位


こんにちは。ドラム講師の金澤です。今日はドラムの単位について。

ドラムに使われる単位は主にインチです。例えば、スネアドラムは14インチ、バスドラムは22インチ、フロアタムは16インチといった感じです。丸い物が多いからですね。

と言っても、普段あまりインチで話をする事はないですよね。料理をする人は、皿の大きさをインチで表現するようですが…。私の場合、一番身近なのは自転車のタイヤの大きさか、ピザくらいです(^^)。

せっかくですので、各インチと一般的な用途を紹介しておきます。

※ "=インチ、( )=cm、
・08"(20)Tom,Effect Cymbal
・10"(25)Tom,Effect Cymbal
・12"(30)Tom,Effect Cymbal
・13"(33)Tom,Snare Dr
・14"(35)Tom,HiHat,Snare Dr
・16"(41)F.Tom,Cymbal
・18"(46)F.Tom,Cymbal
・20"(51)B.Dr,Cymbal
・22"(56)B.Dr,Cymbal

ちなみに私は長年やっているおかげで、見ただけでインチがわかりますよ。

 

(2010年2月23日(火) 15:24)

前の記事

次の記事

新着記事

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 今回のブログでついに3,000回目の更新となりました(^_^)/ といっても、特に何かある訳ではありませんが(^_^;)、自分自身によくやったと褒めてます♪ 単純に8年以上更新している計算、実際Cytaで10年近くコーチをして...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 昨日は電子ドラムを教えるスクールでレッスンでした(^_^) アコースティック・ドラムだと簡単に出来ない、電子ドラムだから出来る事として、容易にパーカッション・サウンドや、クローズ・リムショット音が出せます♪ 例えば、ハイタ...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ レッスンでドラム譜を渡していると、生徒さん自身も自分で譜面を書いてみたいと質問されます。良い事です(^_^)/ 見やすく演奏しやすい譜面を書くにはどうすれば良いか、簡単ですが少し紹介したいと思います。 (画像参照) ...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 新年早々レッスンや録音などバタバタと忙しい日々を過ごしております(^_^;) 新たな気持ちで励んでおりますが、インフル等も流行っているので体調管理も気をつけないといけません。 スクールのキャンペーン、多くの生徒さんが利用され好...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 一般的に販売されているドラム譜はバンドスコア譜や吹奏楽のパート譜だけです。 あとはドラムの譜面ではなく、コード譜やメロディ譜を見て演奏するしかありません。 ですが私のレッスンではパソコンでキレイに仕上げたドラム譜を生徒さんに配...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ