サイタ音楽教室ドラム教室東京 タカジャンドラムスクール スクールブログ パラディドル ...

パラディドル その6 「ディレイドパラディドル」

こんにちは。

今回は「シングルパラディドル」のバリエーション「ディレイドパラディドル(Delayed Paradiddle)」の説明です。

シングルパラディドルの手順を16分音符一個分ずれた形のフレーズです。16分音符の2つ目にアクセントが入り、フレーズの切り替わりのところがダブルストロークになります。

「シングルパラディドル」のバリエーションフレーズのうち一番テンポの取りづらいフレーズではないでしょうか。メトロノームに合わせて演奏すると、タイミングがずれているような感じに聞こえます。
逆説的に言えばテンポ感を鍛えるには良いフレーズであるとも言えるでしょう。慣れてくるとこの感じが気持ちよく感じてきたりして(笑)なかなか面白いです。

これで「シングルパラディドル」のバリエーションは全て紹介しました。また練習に際しては以前の記事を読み返してみてください。

それでは〜

パラディドル その6 「ディレイドパラディドル」

(2018年11月19日(月) 17:07)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

鎌倉でカフェライブも!サポートでも活躍中の親身なレッスン

新着記事

みなさんこんにちは。 コーチ・講師の澤野貴義です。 自宅の窓からこんな植物が(笑) 暖かくなってきたのですごいスピードで成長してます。 天気がいいと気持ちよくお出かけ日和。 ドラムの演奏、練習もしやすい。 なんだかウキウキしてきます。 ちょっと暑いくらいなので練習中は...

みなさんこんにちは。 コーチ・講師の澤野貴義です。 昨日はツインペダルを使ったロックな現場の後、夕方からジャズセッションのホストの仕事をしてきました。 1日にこんなに音量の幅、音量感の違うことも珍しいのですが楽しく演奏しました。 派手めな音色のロック系の音楽と落ち着いた音色...

みなさんこんにちは。 コーチ・講師の澤野貴義です。 昨日はJazz Liveでした。 初めてお会いする方と初めて演奏する曲をアンサンブル。 まだまだ知らない素晴らしい曲がまだまだあるのだなと実感しつつ楽しく演奏できました。 今個人的に取り組んでいるテーマも試せたので良い収穫で...

みなさんこんにちは。 コーチ・講師の澤野貴義です。 今回は演奏中の体の姿勢についての考察です。 僕はやりたい演奏に合った、体の姿勢があると思っています。 例えば、背筋を伸ばして重心をしっかり椅子に預けて演奏すると、手足が楽に可動して速いフレージングやタムやシンバル移動がしや...

皆さんこんにちは。 講師・コーチの澤野貴義です。 今日、4/17は1975年にイギリスのバンド「クイーン」が初来日した日なんだそうです。 当時、まだそれほど世界的には知られていなかったクイーンは日本で人気になり、日本から世界的に注目を浴びる存在になったと言われています。 なので、ク...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ