サイタ音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #2,938 ...

#2,938 (11/19)「Innovative Percussion~その二~ロッズ編♪」

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

私がお世話になっているInnovative Percussion=IPのスティック、ブラシ、ロッズを順に検証し紹介していきます。

いきなりですが、今回はスティックとブラシの中間にあたる"ロッズ"編です(^_^;)

ロッズて何?て方の為に少し説明。ロッズ(Rods)は細い竹ひごのような棒を束ねスティックのように叩いて使うドラマー・アイテム。音的にもスティックとブラシの中間位置になり、ロッズ部分の大きさや素材が違えば感覚やサウンドも変化し面白いです。

昔はメイプルが主流でしたが、最近では他の木材(バーチやバンブー等)もあり、カーボン製や樹脂製もあります(実際、メイプルは折れやすい…)。

ラテンやジャズ、カントリー、民族音楽はもちろん、ポッブスのゴーストノート等、レコーディン時の効果音として色々使えます。
私の一番のオススメは、膝を叩いてもロッズだと痛くなく、音もハッキリ分かるので、ちょっとした練習に最適です♪

色んなメーカーからロッズは出てますが、Innovative Percussionのロッズはバリエーションが多く珍しいです。
サウンドや動きをブログでお伝え出来ないのが残念ですが、意外とロッズを持ってる生徒さんは少ないので、今後の参考になればと思います。

(画像参照)

①BZW-1
Innovative Percussionの中では一般的なロッズ。軽くプレイしやすい。素材がバーチなので竹のような"しなり感"はありません。中心のロッズが何故か太く、少しスティックよりにも感じます。竹の方も試してみたいです。

②B-2
見た目からビックリ三角のロッズ。3本しかない竹ロッズです。カタログにないので廃盤なのかな?叩く時は1本を打面側に当てるとロッズ感が出ます。

③BR-7
持った瞬間に手が持って行かそうになるグリップ感。個人的には調整するゴムを一番下にする方がプレイしやすいです。限りなくブラシに近いロッズて感じ。

④IP-HJZ
な、長い…。さすが海外て感じになります。ロッズをコントロールするには真ん中辺りをグリップしないとコントロール出来ません。ただパワーは出ます♪

⑤IP-HBB
スティックとロッズを両サイドに付けた奇抜なロッズ。スティックをメインにするとグリップエンドが重く、ロッズをメインにすると軽い感じになります。なかなか珍しいロッズです。


何よりロッズはスティックと比べそれなりに値段もしますが、他のメーカーと比べるとInnovative Percussionは良心的な方だと思います♪

#2,938 (11/19)「Innovative Percussion~その二~ロッズ編♪」

(2018年11月19日(月) 0:19)

前の記事

次の記事

新着記事

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 移動範囲が広いレッスンをしているので、色んな所に行けて、その場所の美味しいご飯が食べれるように思えますが、実際は移動時間に追われる毎日です…。 唯一、色んなスタバには行くので、いつもレジで「今朝は大阪だったんですね~」とか言われます...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 今日は天王寺で開催されているエッシャー展を見てきました。学生時代から好きなエッシャー。よく鉛筆で模写していました(^_^;)。 さて、レッスンしている生徒の皆様。レッスン会場の年末年始の営業時間は各会場によって異なりますのでご注...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 昨日はドラムレッスンとパーカッションレッスンをしてから、夜にレコーディング仕事があり、明けてからまたレッスンだったので、ずっ~とドラムづくしです(^_^;) こんな時が一番体調を崩しやすいので気をつけないといけません。 私のレ...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ やはりブログでは限界があるのか、前回の基本ブラシ奏法の質問を生徒さん達から多く受けます(^_^;)。分かり辛くすみません。詳しく学びたい方はブラシを持参してレッスンで聞いてくださいませ(^_^)/ さて、またまた懐かしアルバム紹...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ レッスンでクリスマス・ソングを演奏する生徒さんも多く、又、Innovative Percussionのロッズやブラシを紹介した事もあってか、ブラシを使う生徒さんが増えてきました(^_^) 今回はそんなブラシ奏法を少し紹介。 以...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ