サイタ音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ 上達のカギは『...

上達のカギは『◯◯×◯◯』

※初心者の方はブログを最初からじっくり読んでみてください。

最近こちらのブログの更新頻度がめっきり落ちてしまってすいません。別に文章を書く気力が無くなったわけではなく、別のところで書くことにちょっと力を注いでしまった結果、こちらがおろそかになってしまったのです。
 
はい、単なる言い訳です^^
ごめんなさい。
 
お詫びに今日はタメになる投稿をします。いつもそこそこタメになることを書いていますが、今回はいつも以上にバッチリとタメになる文章を書きますね。

まずはこちらのコラムをお読みください。

努力量が足りなければ、どれだけ戦い方を変えても勝てない

って...
 
いきなり引用かよ!
手抜きする気マンマンじゃねーか(笑)
 

いや、でも文章のプロが書いた記事のほうが私がグダグダ書くよりも伝えたいことがより伝わると思うのでリンクを貼ったまでです。けっして手抜きではありません。
 
『成功=方法×努力』

実際に成功した人が言うので説得力がありますね。ちなみにこれはキンコン西野さんだけが言っていることではなくて、他の成功者の方も口々に似たようなことを言っています。

ドラムの上達に関しても同様のことが言えますね。

もう少し具体的に言葉を置き換えるならば

『上達=練習(内容)×時間』

ということになるでしょうか。

これまでレッスンをしてきて上達しない(上達が遅い)生徒さんにはある共通した傾向があることがわかります。

それは

圧倒的に「時間」が少ないです

練習内容は講師の先生が適切なメニューを提示してくれているはずで、あとはそれを実践するだけ。

なのにそこに十分な時間を割きません。
当然上達スピードもノロノロです。

『上手くなりたいけれど努力はできるだけしたくない。』

そんな虫のいい話はないのですが、無意識にか、意図的にか、とにかく努力をしない(時間をかけない)方を選ぼうとしますね。

私はできるだけ短時間で上達するようなメニューを厳選して生徒さんに伝えるようにしていますが、それでも1日5分の練習ではさすがに上達速度はゆっくりなものになります。

それはご了承ください。

今回は一部の方には耳の痛い話かもしれませんが、自分が望む結果を手にするためにはこの「成功=方法×努力」という公式が絶対的な真理です。

近道はありません。
王道しかありません。

自分に言い訳せず練習と向き合う時間をこれまでよりも多く取ってみてはいかがでしょうか。

これまでなかなか上達しなかったのが嘘のように上達スピードが上がります。
きっとそのことに驚かれることでしょう。

※時間をかけても上達スピードが上がらない場合は練習内容(メニュー)を見直すか、もしくは練習メニューを正しく実践できているか確認する必要があります。

 

(2018年10月1日(月) 11:10)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

新着記事

<p><a href="https://cyta.jp/drum/b/37607" target="_blank">※初心者の方はブログを最初からじっくり読んでみてください。</a></p> <p>昨日(11月24日)、椎名林檎のライブをさいたまスーパーアリーナまで見に行ってきました。<...

<a href="https://cyta.jp/drum/b/37607" target="_blank">※初心者の方はブログを最初からじっくり読んでみてください。</a> <p>言うまでもありませんが、ワタクシ<span style="font-size: 200%;">プロド...

<a href="https://cyta.jp/drum/b/37607" target="_blank">※初心者の方はブログを最初からじっくり読んでみてください。</a> 最近こちらのブログの更新頻度がめっきり落ちてしまってすいません。別に文章を書く気力が無くなったわけではなく、別...

<a href="https://cyta.jp/drum/b/37607" target="_blank">※初心者の方はブログを最初からじっくり読んでみてください。</a>   先日、仕事部屋の機材のレイアウト変更をしました。   その際、AppleのMagicKeyboard(テ...

<a href="https://cyta.jp/drum/b/37607" target="_blank">※初心者の方はブログを最初からじっくり読んでみてください。</a> 今日はちょっとめずらしいライブをやってきました。 一般のお客さんは見られないライブです。 どういうこと...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ