サイタ音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #2,848 ...

#2,848 (8/21)「レコーディング実習レポ~その二♪」

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

レコーディング実習レポ、2回目です(^_^)/
今回はレコーディングには欠かせない"キューボックス"について。

レコーディングしている時にヘッドホンをしているミュージシャンをよく見ると思いますが、そのヘッドホンの先にあるのがキューボックス。演奏しやすいように自分で各音量バランスを調整出来るミキサーのような機材の事です。
(画像参照)

画像は生徒さんにキューボックスの説明をしている音響エンジニアさん♪実際これからレコーディングされる生徒さんはキューボックスを触るので、このブログをよく読んで事前に把握しておきましょう。

画像①
全体ボリューム。キューボックス全体のボリュームを調整する時に使います。

画像②
カラオケ音源。ここを押すと課題曲/カラオケ音源のボリュームが調整出来ます。

画像③
クリック。ここを押すとメトロノーム/クリック音のボリュームが調整出来ます。

画像④
ドラム。ここを押すと自分が叩くドラムのボリュームが調整出来ます。

画像⑤
ボリュームつまみ。各ボタンを押してから、このつまみで調整します。右回りで上がり、左回りで下がります。

例えば、クリックを上げたい時には、画像③のボタンを押して、画像⑤のボリュームつまみを調整します。左側にある赤い光のインジケータが目安になります。

普段のレッスン・スタジオにはないキューボックスです♪

P.S.
普段から言える事ですが、ドラマーならチューニングキーは必ず持っておきましょう。レコーディング実習で使用するドラムセットはパールのセットです。チューニングキーがないと色々セッティング出来ませんので、忘れると角度調整出来なくなり演奏に影響します。

........…………………………………...………………………………………………………

備考

●レッスン日未定の生徒さんへ
毎月10日以降のレッスン日の提案は翌月からのレッスンとなります。ご了承くださいませ。

●レッスン登録しているレッスンは事前にスクールからレッスン日のお知らせがありますが、レッスン登録していない=レッスンマイルが無い状態は生徒さんからの納入待ちとなります。私から事前に連絡はしませんので、ギリギリにならないよう宜しくお願い致します。

●パールの被災地復興支援ステッカーのご協力を是非お願い致します。
このステッカーは、東日本大震災復興支援として企画されました被災地復興支援ステッカー(500円)です。
前述の平成30年7月豪雨災害の発生に伴い、被災地復興支援ステッカーの売上利益金を3等分の上、日本赤十字社の「東日本大震災義援金窓口」と「熊本地震災害義援金窓口」に加え、「平成30年7月豪雨災害義援金窓口」にも寄付されます。
ドラマーでも出来る皆様の暖かいご支援・ご協力、宜しくお願い致します♪
http://www.pearlgakki.com/_blog/?p=48951

#2,848 (8/21)「レコーディング実習レポ~その二♪」

(2018年8月21日(火) 0:15)

前の記事

次の記事

新着記事

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 永年お世話になっている小出Cymが新しいシリーズを発表しました(^_^) 昨年末に発表した新シリーズ「fezr / フィーザー」。 どちらかというと、クラッシック用が多かった印象でしたが、久々のドラムセット用です。長く響く小出...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 録音仕事明けからのレッスン…朝は苦手です…( ̄▽ ̄;) さて、Innovative Percussionのナイロンブラシ/BR-2が届きました(^_^)/ (画像参照) 以前紹介し、気に入っているBR-3の格納タイプ...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 3,001回目のブログです(^_^)/ 昨日は西明石と三宮で私自身のスクール・レッスン日でした。 夏に中学時代の同窓会があると聞き、30年以上前の事で正直クラス内の一部と部活のメンバーしか覚えてません(^_^;) クラス...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 今回のブログでついに3,000回目の更新となりました(^_^)/ といっても、特に何かある訳ではありませんが(^_^;)、自分自身によくやったと褒めてます♪ 単純に8年以上更新している計算、実際Cytaで10年近くコーチをして...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 昨日は電子ドラムを教えるスクールでレッスンでした(^_^) アコースティック・ドラムだと簡単に出来ない、電子ドラムだから出来る事として、容易にパーカッション・サウンドや、クローズ・リムショット音が出せます♪ 例えば、ハイタ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ