サイタ音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #2,840 ...

#2,840 (8/13)「オリジナル・テキスト・レコーディング~その三♪」

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

オリジナル・テキスト・レコーディング・レポ~3回目です。レッスンで使うテキストをより分かりやすく、より音楽的にと生演奏での音源作りをしてます。今回も前回に続き録音に使用した機材紹介です。

(画像参照)

①13"小出609Thin Hi-Hats Prototype
609シリーズには13"はありませんが、特別に作っていただいたハイハット。ボトム側も薄いタイプを使用してます。

②20"小出Prototype
早ければこの秋に発表される新しいシリーズのプロトタイプ(試作モデル)。小出の中では短いサスティーンですが、叩くと長く感じます。エッジも薄いのでクラッシュとしても使用可能。

③16"小出609Thin
16"609はミディアムからしかありませんが薄いThinを使用。ストレートでキレイなサウンドです。

④17"小出609Medium Prototype
17"サイズも珍しいですが、609の加工が異なるタイプのクラッシュ。サスティーンもほど良く使いやすいです。

基本、私は小出ユーザーで、どれも発売されてない物ばかりですが、色々考えて作っていただいたので素晴らしいです。
インチも演奏する内容によって変えているので、今回紹介したのも常に使用している訳ではありません。

........…………………………………...………………………………………………………

備考

●レコーディング実習期間中の通常レッスンは午前中(studio 246 十三会場のみ)となりますのでご了承くださいませ。

●レッスン日未定の生徒さんへ
毎月10日以降のレッスン日の提案は翌月からのレッスンとなります。ご了承くださいませ。

●レッスン登録しているレッスンは事前にスクールからレッスン日のお知らせがありますが、レッスン登録していない=レッスンマイルが無い状態は生徒さんからの納入待ちとなります。私から事前に連絡はしませんので、ギリギリにならないよう宜しくお願い致します。

●パールの被災地復興支援ステッカーのご協力を是非お願い致します。
このステッカーは、東日本大震災復興支援として企画されました被災地復興支援ステッカー(500円)です。
前述の平成30年7月豪雨災害の発生に伴い、被災地復興支援ステッカーの売上利益金を3等分の上、日本赤十字社の「東日本大震災義援金窓口」と「熊本地震災害義援金窓口」に加え、「平成30年7月豪雨災害義援金窓口」にも寄付されます。
ドラマーでも出来る皆様の暖かいご支援・ご協力、宜しくお願い致します♪
下記ネット購入はもちろん、私のレッスンでも残り少ないですが購入可能です。
http://www.pearlgakki.com/_blog/?p=48951

#2,840 (8/13)「オリジナル・テキスト・レコーディング~その三♪」

(2018年8月13日(月) 0:07)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

新着記事

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 台風がダブルで接近しているので心配です。レッスンに影響出ない事を祈ります(>_<)。 さて、レコーディング実習レポ3回目。今回はレコーディング順序について~本番演奏まで編~です。 (画像参照) 見るとマイクケーブルの数が...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ レコーディング実習レポ、2回目です(^_^)/ 今回はレコーディングには欠かせない"キューボックス"について。 レコーディングしている時にヘッドホンをしているミュージシャンをよく見ると思いますが、そのヘッドホンの先にあるのがキ...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 今年も私自身のスクール・イベント「第5回レコーディング実習」が始まり2日目の録音が無事終了しました。これまで10名の生徒さんの演奏を録り終え順調です(^_^)/ 画像はそんな実習の様子。皆さん春から2ヶ月かけてレッスンで頑張って...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 昨日より私自身のスクール・イベント「第5回レコーディング実習」が始まりました(^_^)/ 今年で5回目になりますが、毎年生徒さん達から参加希望者を募り、レコーディング経験はもちろん、参加者全員の演奏をまとめ1つのCDアルバムにし...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 昨日は午前中に三宮の246とベースオントップでレッスンがあり、246は一番広いLスタジオでレッスンでした。 (画像参照) ここでマンツーマン…(^_^;)、広過ぎですが、ステージ気分が体感でき、普段のスタジオと同じようにレッス...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ