サイタ音楽教室ドラム教室東京 バシリズム・ドラムスクール スクールブログ 初見能力アップ...

初見能力アップ!覚えよう手順のセオリー

皆さんドラム楽しんでますか~
まだはじめてない方はいますぐはじめましょう(笑)

というわけで今回のテーマは目指せ脱初級者!
「初見能力アップに欠かせない手順のセオリー」

ピアノの楽譜にも運指番号が書いてあるように、ドラムもスムーズに演奏しやすい手順があります。
特にバンドスコアなどしっかり楽譜が書いてあるものを読んで演奏する時、迷うのはフィルインのリズムと手順ですよね。
この手順の基本的なセオリー(基準、方法)をここでご紹介します。
※右利きの場合で説明していきます。左利きの場合は左右逆にして読んでください。

4分音符1拍の中に16分音符は4つ入りますよね。
音にすると
「タカタカ」
となります。

この時手順は
r=右手 l=左手 とすると
「rlrl」 
が最適ですね。
理由はその次の拍のアタマを自然に右手で入れるからです。(rlrl / r←ココ)
拍アタマが逆の手(l)になると、とっさに判断することが難しくなると思います。

4分音符1拍の中において、16分の1番目~4番目に目盛りを付けるとすると
1番目 r
2番目 l
3番目 r
4番目 l
となります。
これをセオリーとしてに他のリズムも手順を考えていきます。

例えば「タンタカ」というリズム。
8分16分16分の組み合わせです。

先ほどの16分の目盛り上で考えると1、3、4番目に音があり、2番目がお休みとなります。
ということは先ほどのセオリーを当てはめると
「r rl」
となります。

他の例もやってみましょう。
「タタンタ」
これは3番目がお休みになるので
「rl l」
となります。

このようにセオリーを理解し、4分1拍分のまとまりでリズムを読むことに慣れて行けば大抵のフィルインも初見でこなせるようになっていきます。
※3連符の場合はまた目盛りが変わります。[rlr lrl rlr lrl]

もちろんドラムの場合タムやシンバルへの移動もあるので、セオリーに当てはめると逆にやりにくい場合もあります。
またあえてセオリー通りに行かない方が良いリズムのニュアンスが出せる場合もあるので、すべてに対応できるわけではありません。

しかしながらこのセオリーを基本に考えておくととっさの判断に迷うことが少なくなり、フレージングも無理なくスムーズにこなせることが多いです。
フィルでつっかえることが多く、まだこのセオリーを知らない方はぜひ色々なリズムで練習してみてください!

ブログの文章ではうまく伝えきれない部分もありますので、より詳しくは実際のレッスンで!
実演も交えて、ご質問にもお答えいたします。
初心者の方も大歓迎です。体験レッスンお待ちしてます~!

(船橋 洋史)

 

(2018年7月31日(火) 21:17)

前の記事

この記事を書いたコーチ

お兄さん的存在!ハートフルなアドバイスと「いい音色」を目指す

新着記事

皆さんドラム楽しんでますか~ まだはじめてない方はいますぐはじめましょう(笑) というわけで今回のテーマは目指せ脱初級者! 「初見能力アップに欠かせない手順のセオリー」 ピアノの楽譜にも運指番号が書いてあるように、ドラムもスムーズに演奏しやすい手順があります。 特にバンドスコ...

今回のコラム!お題は 「ポジティブ練習法」 以前テレビでゴルフのレッスンプロの方が行っていたのを参考に、自分のレッスンにもアレンジして取り入れています。 生徒さんにも普段の練習としてオススメしていますのでザックリとご紹介します! ●「できない」を繰り返すとスラン...

おかげさまでバシリズム・ドラムスクールが、コーチアワード2017ドラム部門にて受賞しました! 「コーチアワード2017」とは… 「サイタ」にて、2016年4月〜2017年3月の期間中に、レッスン実施数や継続率、入会率等を指標とする「受講生満足度」が特に高いコーチを20名選出し、表彰。 ...

こんにちは!バシリズム・ドラムスクールの船橋です。 新年度、新しいことをはじめるにはぴったりな季節となりました。 私は最近、譜面を書くという作業を「紙とペン」から「コンピューター」へ移行するため、日夜試行錯誤をしております! さてさて今回のお題は 「ドラム上達には欠かせない(ち...

こんにちは!バシリズム・ドラムスクールの船橋です。 音楽は普段ロックばかり聴いていた私ですが、最近の仕事の影響もありジャズ、特にビッグバンドに魅力を感じてます。 これを機にジャズに対する苦手意識を克服したいものです(^^;; さて、今回のお題は 「タイム感向上計画〜リズムの...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ