サイタ音楽教室ドラム教室兵庫 カツ.jp ドラムスクール スクールブログ 新開地音楽祭に...

新開地音楽祭にamso+で出演!

今月の12日に新開地音楽祭にamso+というバンドでパーカッションとして出演してきました!
天気も良く、お客さんも多くて本当に気持ち良く演奏させてもらうことができました。
パーカッションとドラムの違いは、同じリズム楽器ですが、ドラムは下を支える土台、パーカッションは上物なところですかね。
ドラムは当たり前ですが止まれないw
止まるとみんなも止まってしまう。
本当に心臓な感じなんですが、パーカッションはその点自由!
なんでもできる感じです。
ただ、なんでも出来ますがなんでもやっていいわけではなく、センスが問われる楽器ですね。
ここぞという時に存在感を出すポジションです。
オーケストラの中のシンバルに似ているかも。
曲の中に2、3回しか出てこないけどないと成立しない。
だからドラムと違った緊張があります。
でも動けるっていうのは素晴らしい!
パーカッションがやってみたい方も言っていただければ持っていきますので、お待ちしておりまーす(^^)/

新開地音楽祭にamso+で出演!

(2018年5月20日(日) 11:53)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

全国ツアーなど精力的に活躍。熱さピカイチの先生がゼロからサポート

新着記事

体験レッスンでも一番はじめに「拍子記号」のお話をいたします。 「めんどくさい・どうでもいい」と思われる方もいるかも知れませんが、知っているとやっぱり後々のことを考えるとお得なのです(笑) これを知っているだけで、その曲の雰囲気が掴めたりします。 拍子記号には約束があって、一小節の中に分母...

先日ブログで告知させてもらったライブを自身のバンド「地下道を往く」で27日に一番星食堂でやってきました! ANARCHY(現在は亜無亜危異)のギタリストの藤沼さんはやっぱり凄かったです。 ANARCHYが1980年のデビューなんで、50代の方ならピンとくると思います。 現在も活動されてい...

23日24:30〜のラジオ関西の番組の「ラブ・Voyage」に出演してまいりました。 この業界にいますと宣伝も重要であり、宣伝媒体との繋がりも自然と増えていきます。 僕の場合はラジオ関係者との繋がりが深く、ちょくちょく宣伝させてもらったり、時にはサブDJやらせてもらったりしています。 家...

音価をウィキって見ると、 「音楽における音価とは、ある音(または休止)に与えられた楽譜上の時間の長さをいう。例えば、楽譜に2分音符が示されているならば、その音符の音の長さ、つまり2拍分が、その音符の音価といえる。 音価はその音符または休符が支配する時間を示すものであるから、その符の...

6月2日に大阪で開催された城北公園フェアに「地下道を往く」改め、「MIKI with ヒラキン&よこっち」で出演してきました。(ジーナ欠席のため) 今回はパーカッションでの参加です。 エレキギターのGt.&Vo.とパーカッション二人という変わった組み合わせでしたが、大自然の中、大変楽しく演...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ