サイタ音楽教室ドラム教室東京 タカジャンドラムスクール スクールブログ パラディドル ...

パラディドル その2

皆さんこんにちは!
今回は前回のパラディドルの初歩編からの続きです。

・Single Paradiddleのアクセントの移動
通常シングルパラディドルは最初の1打目(拍アタマ)にアクセントを入れて演奏するのが一般的です。
これはシングルパラディドルの手順によって自然にアクセントが入れやすいからなんです。

(手順)
RLRR LRLL *右スタート、左スタートそれぞれ RR LL のダブルストローク時に逆の手を高く上げて叩くことで自然にアクセントが入ります。

このシステムに逆らって(笑)手順はそのままでアクセントを移動していきます。
最初は2個目にアクセント。次は3個目、最後は4個目。

2個目(叩きだした手の逆の手)と3個目(ダブルストロークの1打目)は比較的やりやすいと思います。
4個目はダブルストロークの2打目なのでこの中では一番難しいでしょう。
ダブルストローク1打目を小さい音量で叩いてから2打目はスティックを高く上げて叩くのはスティックコントロールがしっかりできていないとできません。なので、ゆっくり動作を意識してしっかり確認しながら練習しましょう!

今回はここまで。では〜

 

(2018年4月18日(水) 14:59)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

鎌倉でカフェライブも!サポートでも活躍中の親身なレッスン

新着記事

みなさんこんにちは。 講師の澤野貴義です。 なんだかちょっと偉そうなタイトルになってしまいましたが、スタジオでの個人練習や練習パッドを使った基礎練習など様々な練習時に何を考えるべきか、ということを書こうと思います。 まず、その練習は「何のための練習」か。 難しいフレーズだったり...

みなさんこんにちは。 ドラム講師の澤野貴義です。 7月に入ってから曇りや雨の日が続いてます。 お出かけするにも傘が必要で、少し煩わしさを感じてしまします。 とはいえ、湿度が高いこと以外は気温もそこそこで過ごしやすく、 夏の本場が始まる前に一休みといったところでしょうか。 楽...

みなさんこんにちは。 講師の澤野貴義です。 最近、スティックメーカーから長めのスティックが続々登場しています。 新しいモデルでは、VATER(アメリカのスティックメーカー)から出た、「Gospel」シリーズ 5A、5Bなど一般的な太さで長め(419mm)。 Vic Firth...

みなさんこんにちは。 コーチ・講師の澤野貴義です。 先日、「クレイトン・キャメロン ブラシセミナー」とその前に開催された「ラディック ロードショウ」に行ってきました。 クレイトン・キャメロン氏は”ブラシの魔術師”と呼ばれる方で、フランク・シナトラやスティービー・ワンダーなどのドラ...

みなさんこんにちは。 コーチ・講師の澤野貴義です。 最近、連日ライブに呼んでいただき、いろんな方とのアンサンブルを楽しませていただいてます。 やっぱり楽しいですね!ジャズのアンサンブルではおおよその流れだけ決めて、あとはその場の流れで、という感じが多いのです。 演奏しているプレ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ