サイタ音楽教室ドラム教室東京 タカジャンドラムスクール スクールブログ パラディドル ...

パラディドル その2

皆さんこんにちは!
今回は前回のパラディドルの初歩編からの続きです。

・Single Paradiddleのアクセントの移動
通常シングルパラディドルは最初の1打目(拍アタマ)にアクセントを入れて演奏するのが一般的です。
これはシングルパラディドルの手順によって自然にアクセントが入れやすいからなんです。

(手順)
RLRR LRLL *右スタート、左スタートそれぞれ RR LL のダブルストローク時に逆の手を高く上げて叩くことで自然にアクセントが入ります。

このシステムに逆らって(笑)手順はそのままでアクセントを移動していきます。
最初は2個目にアクセント。次は3個目、最後は4個目。

2個目(叩きだした手の逆の手)と3個目(ダブルストロークの1打目)は比較的やりやすいと思います。
4個目はダブルストロークの2打目なのでこの中では一番難しいでしょう。
ダブルストローク1打目を小さい音量で叩いてから2打目はスティックを高く上げて叩くのはスティックコントロールがしっかりできていないとできません。なので、ゆっくり動作を意識してしっかり確認しながら練習しましょう!

今回はここまで。では〜

 

(2018年4月18日(水) 14:59)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

鎌倉でカフェライブも!サポートでも活躍中の親身なレッスン

新着記事

こんにちは。 講師の澤野貴義です。 今回は「テイクバック」についてご説明します。 スティックやフットペダル(バスドラムペダル)のストロークをする際、まず初めにスティックを持つ手や足を”上げる”という動作をします。これを「テイクバック」と言います。そのあと振り下ろすことで打面にショ...

みなさんこんにちは。 講師の澤野貴義です。 今回はJazz(特にswingでのシンバルレガート)で愛用しているスティックについて書こうと思います。 VATERの「JAZZ RIDE」をご紹介。 ヒッコリー材で直径は14.5mm、長さは400mm チップは小さめのティアドロップ...

みなさんこんにちは。 講師の澤野貴義です。 今回はブラジル音楽を好きになるきっかけになったアルバムをご紹介します。 アメリカのジャズコーラスグループ『The Manhattan Transfer』の1987年発表のアルバム「Brasil」 全編に渡りブラジル音楽の要素を取り入れ...

皆さんこんにちは。 講師の澤野貴義です。 今回は小ネタを。 ここ最近、TVで流れるCMでドラムを演奏しているシーンを良く見かける気がします。 タイミング的にたまたまなのかもしれませんが(笑) 例を挙げると、『男梅』のキャラ(名前は男梅かな?)や『au』の高杉くんと共演している...

皆さんこんにちは。 講師の澤野貴義です。 先日、映画『ボヘミアンラプソディー』を観に行ってきました。去年からずっと話題になっていましたが、やっと観れましたw 年が明けて久々に師匠にお会いした時に「よかったよ」とおっしゃってましたね。 そういえば、今日ニュースで興行収益が100億円を...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ