全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 ドラムスクール|GROOVE INC. スクールブログ ♪8ビートって...

♪8ビートって何拍子???

生徒さんから個別に質問メールをよくもらいます。

んが、以外と共通する事項も多いので、たまにはココで☆


==
ドラム始めて約1ヶ月の生徒さんから、一昨日もらった質問メール
 ↓

この前のレッスンでもらった『4分音符と8分音符のリズムトレーニング』のリズムの取り方がわかりません

プリントの1の問題で考えると、8個の音を前半と後半で4個ずつにわけて、1、2、3、4、1、2、3、4とリズムを取るか、全体8個の音で 1、2、3、4と(右手で1、2、3、4を叩く)リズムを取るかどっちかだと思うんですが、どうしたらいいんでしょうか?


==
に対しての返答↓


>>全体8個の音で 1、2、3、4と(右手で1、2、3、4を叩く)リズムを取る。

がセオリー的には正解♪


ほとんどの音楽スタイルのリズムの基本は4分音符が司る『拍(はく)』と言う単位。

上記で言えばカウントの仕方、一般的には、
「1&2&3&4&」
(ワンエントゥーエンスリーエンフォーエン)

「1234」の部分が通常「オン・ビート」もしくは「オモテ(アタマ)と呼ばれるのに対し」
「&」の部分は通常「オフ・ビート」もしくは「ウラ」と呼ばれます。

通常、右左交互にひとつづつ叩く『シングル・ストローク』の場合、「オモテ」が右手、「ウラ」を左手で叩くのが基本手順。


厳密に言えば「拍」毎、及び「オモテ」「ウラ」にもそれぞれの役割があります。

なもんで、4分音符(休符)が4つ分の『4分の4拍子』でなく、8分音符(休符)が8つ分で構成される『8分の8拍子』にならないように☆

↑このへんの感覚は、オレ自身そうだったし、ほとんどの人が最初は「分かったようでよく分からん」てとこ。

いろんなリズムを知ることで少しずつ感覚として掴んでいくしか道は無いので、今のとこは上記カウントの仕方が意識出来れば問題なしです☆

==
つー返答でした☆


これねぇ。

『8ビート』なる見事な誤訳から生まれた和製英語がその誤解を生んでしまってしまっている根源。
オレも最初は見事に騙されてたんだけどね(笑)


タイミングもずれて無いし、音量バランスも安定してるのに…

「べた~っとして、なんかのれない…」

ってなプレイになってしまう人。。



『8分の8拍子』で慣れてしまうと、『ダウン・ビート』と『アップ・ビート』の感覚の違いが体感しにくくなるから、リズムに"うねり"が欠けてしまんよね。

より良いフィーリングでの"GROOVE"を生み出すには↑最低限不可欠な概念。


もちろん、'50s系R&Rスタイルなど8分の8拍子感覚のほうがハマるスタイルも多し 。

これはコレでオレも好き(笑)

4分の8拍子感覚がハマるのもよくありますなぁ。



ま、ドラムセット自体がいわゆる西洋の概念で成り立ってるからね。

ある程度は『郷に入れば郷に従え』ですな☆


日本に一番影響力の強い米英語では、4分音符=quarter note。





たかが4分音符


されど4分音符。


デス。




もちろん"一般的"な基本であって、ラテン系を極めようとする人なら2分の4拍子感覚も必要だし、インド系音楽には"4分音符"との呼び方が該当しない"拍"での3桁素数拍子など(例:239拍子 笑)、


とてつも無い世界もありますが…



あまり、イキ過ぎると、なかなか戻って来れない世界でもあります(笑)☆

 

(2010年2月24日(水) 4:03)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

フランクなキャラクターで女性&初心者にも大人気!栄えある初代MVPコーチ

ドラムスクール|GROOVE INC.
佐藤けんじ (ドラム)

五反田・目黒・恵比寿・渋谷・原宿・代々木・新宿・高田馬場・池袋・大塚・巣鴨・駒込・田...

ブログ記事 ページ先頭へ