全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室神奈川 ドラムスクール RealJam スクールブログ 超速レコーディ...

超速レコーディング

こんばんは。ドラム講師の平野です。

先日、とある3人組ユニットのレコーディング。

サウンドプロデューサー直々に連絡を頂いたのが2月初旬。
そして実際レコーディングに至ったのが、その1週間後というなんとまぁタイトなスケジュールで…(笑)。

もちろん、その間に曲と譜面を貰って予習して…なんて無理。

なので、録音を考えられる楽器(変り種シンバル、パーカッション等)を全てスタジオに持って行き、スタジオに入るやいなやデモ音源を聴いて、そのままプリプロ→レコーディング。
(※プリプロ=曲の構成、アプローチ等の確認リハーサル)

一応この日の目標だった、全ての曲のドラム・ベース・パーカッション録りが無事終了したので、ホッとしました。

まぁ正直言うと、小物パーカッション(鳴り物とか)は次回にこぼれたんですけど…(汗)。

ちなみに持っていった楽器、半分は使いませんでした。

パーカッションやってると、「とりあえずありったけ持ってきて!」ってゆーオーダーが多いので、こういうオチはありがちなんですけど(笑)。

しかしこういう時、譜面の読み書きが出来るとやはり便利ですね。
特に俺はその場ですぐ覚えられるような頭脳を持ってないので…(汗)。

譜面が苦手な皆さんも、少しずつで良いので譜面に慣れるよう、頑張ってください!!

超速レコーディング超速レコーディング超速レコーディング

(2010年2月16日(火) 4:21)

前の記事

この記事を書いたコーチ

JAZZBILLYでメジャーデビュー!歌心を大事にするジャズドラマー

ドラムスクール RealJam
平野雄大 (ドラム)

溝の口・登戸・新丸子・宮前平

ブログ記事 ページ先頭へ