全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室埼玉 ドラムスクール・モッチ スクールブログ 録音のすすめ!

録音のすすめ!

こんにちわ!
ドラムスクール・モッチの杉本です。

先日、サウンドスタジオ・フェスタさんからの依頼で
ドラムの音を録音したい、とゆーこで現場に向かうと

なんと




マイクだらけでした。



聞くと、新しく仕入れたマイクのテストとゆーことで
いろんなマイクを立てての音実験でした。

エンジニアさんもやはりミュージシャンと同じで音へのこだわりは
相当なものなんですね!!

ライヴやレコーディングをすると分かるのですが
ほとんどの場合ドラムの太鼓一つ一つにマイクがたてられてあります。

レコーディングでは特に、マイクの種類、角度、位置などによって音が大きく変化します。

ドラマーとしてのサウンドデザインもマイクについての知識があるとだいぶ違うんだと
あらためて実感いたしました。

今回は、フェスタさん100%の協力で実現したこの企画!!!

みなさんもぜひライヴやレコーディングの時はマイクを見てみると新たな発見があるかも!!

「いやー、私はまだまだそこまでは・・・」
とゆー方はぜひ ドラムスクール・モッチへ!!!

 

(2010年2月8日(月) 4:58)

次の記事

この記事を書いたコーチ

いかに力を抜いてプレーできるか熟知!“らく"で自由なドラムプレイを

ブログ記事 ページ先頭へ