全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 Drumsko・ドラミングスクール スクールブログ レベルアップし...

レベルアップしたい8ビート!

こんにちは。講師の 山本亮 です!


今回は簡単にグルーヴ感のある8ビートの叩き方について少し書きます^^


8ビートといえばドラムを始めて叩く人がまず叩きたくなるNO.1のビートなんですよね♪

確かに8ビートはあらゆるドラミングの基本中の基本だ!っという風に教則本に書いてあったりもします。

ドラムをやっている人の半数以上は8ビートから始めたに違いありません^^
そんなビートをどうやったらグルーヴ感のあるものになるのか!?


それは・・・・・・・『裏拍』ですw


例えば、4分音符でスネアを叩くとしましょう。
4分音符を忠実に叩くとすべてがオンビート(表拍)なので、間延びしてしまう感じがありますよね!?

そこで叩く手順は変えずに心の中で裏拍を感じながら叩くのです。
テンポに沿って表拍を叩いているとどうしても走ってしまったり、もたついてしまう・・・・という経験がありませんか?


それは裏を感じずに演奏していたからなのです♪


4分音符を叩きつつ裏拍である8分音符を体で感じながら演奏すると、自然とテンポキープができるようになり更にグルーヴ感も生まれてきます!


最初は何事も基本が大事なんですが、この『裏拍』を感じる8ビートをマスターすると自然とドラミングの幅がすごく広がってきます♪


是非皆さん、やってみてくださいw

 

(2010年1月21日(木) 5:19)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

バークリー音大賞受賞!メンタル面など技術以外でもプロに相談

Drumsko・ドラミングスクール
山本亮 (ドラム)

新橋・目黒・渋谷・代々木・新宿・高田馬場・池袋・秋葉原・四ツ谷・大山・野方・千歳烏山...

ブログ記事 ページ先頭へ