サイタ音楽教室ドラム教室兵庫 カツ.jp ドラムスクール スクールブログ 「地下道を往く...

「地下道を往く」新年初スタジオ。

現在僕は二つのバンドに正式メンバーとして加入しいるのですが、そのうちの一つが「地下道を往く」です。
僕が物事を決めるときに大事にしているのが、

「楽しいか楽しくないか」

です。
甲本ヒロトさんも言っていましたが、「楽」と「楽しい」は意味が全く違うと思っています。
「楽」も、決して否定的な意味のみではなく「効率的」に動くという意味では良いのですが、「楽しい」というのは、苦しいことがあっても、「楽しいことの為に我慢できる」、又は苦しいことも「このメンバーとだったら楽しめる」と僕は捉えています。

「地下道を往く」は間違いなく楽しい!

バンドによっては一切プライベートには触れず、スタジオが終わったらそそくさと帰るバンドも多くあるのですが、「地下道を往く」は誕生日前後になると、スタジオ後に祝うw
しかもスタジオも協力してくれる!w
今回もいつも地下道を往くで使っている神戸湊川のミナエンタウンのstudioNEKOさんにスタジオ後に「タイミング見てケーキ出して下さいー!」とお願いしたら、なんとピアノ生演奏で「Happy Birthday to You」を演奏してくれました!
まこさん本当にありがとうございます!

と、こんな具合に楽しいことが起きる。
スタジオ内でも色んなアイデア浮かんで曲がどんどん変化してゆく。
そしてそれを楽しめる。
アレンジで悩むことや、苦しいことももちろん出てきますが、それも楽しいことが待っているので乗り越えて行ける。
僕にとっての「地下道を往く」はそんな場所です。
皆さんも出来ればそんな「楽しい」バンドを組んでもらいたいですね(^-^)
音楽は楽しむもので、決して修行ではありません。
最後は絶対に「楽しい」を大事にしましょう!

最後になりましたが、MIKIちゃん、お誕生日おめでとうございましたー!

「地下道を往く」新年初スタジオ。「地下道を往く」新年初スタジオ。「地下道を往く」新年初スタジオ。

(2018年1月19日(金) 23:21)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

全国ツアーなど精力的に活躍。熱さピカイチの先生がゼロからサポート

新着記事

音価をウィキって見ると、 「音楽における音価とは、ある音(または休止)に与えられた楽譜上の時間の長さをいう。例えば、楽譜に2分音符が示されているならば、その音符の音の長さ、つまり2拍分が、その音符の音価といえる。 音価はその音符または休符が支配する時間を示すものであるから、その符の...

6月2日に大阪で開催された城北公園フェアに「地下道を往く」改め、「MIKI with ヒラキン&よこっち」で出演してきました。(ジーナ欠席のため) 今回はパーカッションでの参加です。 エレキギターのGt.&Vo.とパーカッション二人という変わった組み合わせでしたが、大自然の中、大変楽しく演...

今月の12日に新開地音楽祭にamso+というバンドでパーカッションとして出演してきました! 天気も良く、お客さんも多くて本当に気持ち良く演奏させてもらうことができました。 パーカッションとドラムの違いは、同じリズム楽器ですが、ドラムは下を支える土台、パーカッションは上物なところですかね。 ...

amso+というバンドでパーカッションとして高槻ジャズストリートに参戦してまいりましたー! 会場が想像以上に山の中でびっくらこきましたがw、大自然の中での演奏は初めてでとても気持ちの良いものでした。 まだまだ初めてのものってあるもんですね! いっとき古谷哲也さんの元で古哲リズムワンダーに...

4月29日に、僕の所属しているバンド「GETCHA!」で芦屋で行われた「芦屋ジャズフェスティバル」に出演して参りました! GETCHA!はジャンルでいうとジャズ要素は全く含まれていませんが、アウェイながらも奮闘してきました。 現地機材の詳細が当日までわからなかったので、なかなかにバタバ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ