全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

60分あたり4,300円〜の
低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #2,632 ...

#2,632 (1/17)~構造♪

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

今日は暖かく春のような良い天気でした(^_^)
冬なんて来なきゃいいのに~。

さて、辞めた訳ではなく暫くレッスンをされてない生徒さんにマイページを使ってメッセージを入れてますが反応がありません…。しかし常に毎月マイルが入り消化期限もあって何もしていないのに自動的に勿体無い状態が続いてます。メールやLINEを知らないのでお伝えしたいのですが、どうしたら良いものやら。

話を変え、今回はハードウェアの仕組みを知る事と同時にドラムの基本構造について。一番基本的な構造です。仕組みや名称を理解しておきましょう。
(画像参照)

画像はドラムの各部分名称です。

・フープ
ヘッドを支えているのはフープ。リムとも呼ばれてます。様々な形や材質のフープがあり、サウンドもそれぞれです。

・チューニングボルト
ヘッドを張ったり緩めたりするのは、このボルトです。回すにはチューニングキーが必要です。
※チューニングキーは常に持っておきましょう。

・ラグ
船型とも言われるラグは、チューニングボルトを支えるパーツです。

各パーツがどのように変化し音が変わるか、仕組みからサウンドを知る事ができ、チューニングも出来るようになります。

-----------------------------------------------------------

※ブログでレッスンが出来ない日をお伝えしてます
(随時更新中)

2018年
「1月」
~25(木)、29(月)、30(火)

「2月」
3(土)、4(日)、9(金)~12(月)、15(木)~18(日)

「3月」
2(金)、3(土)、4(日)

#2,632 (1/17)~構造♪

(2018年1月17日(水) 0:09)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・尼崎(JR)・芦屋・三ノ宮・兵庫・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ