サイタ音楽教室ドラム教室埼玉 abbey drum clinic スクールブログ 僕のセッティン...

僕のセッティングはどうなんだ?

こんにちは。abbeyです!
前々から思っていたのですが、生徒さんのみならず、ドラマーはそれぞれやりやすいセッティングってものがありますが、人とじっくり比較する機会はそれほど多くはありません。
スタジオに入ったときに前の方のセッティングを直す時に「へぇー」って思ったりはしますが(笑)

このところ、「自分のセッティングは人と比べてどうなんだ?」という、ただの好奇心で生徒さんとか、対バンの方のセッティングをマジマジと見たりしてます。かといって別に自分のセッティングを変えるわけでもないんですが(^^;

abbeyのセッティング方法は少し変わっているかも知れませんが、約束事がいくつかあります。
・スネアのリムがヘソの延長線上にあること
・スネアとフロアタムは平行で、高さも同じこと
・ドラム椅子の高さは、座ってヒザが多少斜め下になる程度(角度は不明・目分量)にすること
・ドラム椅子の足の1本は両足の真ん中を通ること

…という感じです。多いのか少ないのかはわかりません。
あまりタムとかシンバルの位置をガッチリ固めてはいないタイプです。場所によって色んなドラムセットを叩くので、体の周りのセッティングだけを決めて、あとは臨機応変ってことにしてます(笑)



たまに「どこが何センチ」という決め事をしていらっしゃる方をお見かけしますが、僕にはそんな細かいことできないッス。逆に尊敬してしまいます…m(__)m
個人的にはセッティング自体は、日々変化をするものだと思うので、ある程度「これだ!」っていうセッティングの概要を決めて、毎回修正をしていく。ドラミングもそうですが、柔軟に対応できる方が、現場では重宝するかもしれません。
…セッティングに一番時間かかるのドラムなんで(汗)

とにかく、できるだけドラムセットに向かった方が、自分フォーマットは作りやすいです!
その上で、一流のドラマーとか雑誌に載っているセッティングと比較したりすると、自分のクセが逆にはっきりするかもしれませんね☆

今度時間があるときに、スティーヴ・ガットのセッティングで練習してみるつもりです。
さて、どんなことになるんだろう…♪

 

(2009年10月6日(火) 9:53)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

チビッ子大好き!キッズに大人気のジャズドラマー

新着記事

皆様、こんにちは、こんばんは、abbeyです。 abbey drum clinicだけに限らず、他のコーチも同じことではありますが、我々コーチは教則本では理解しきれない部分をサポートします。 例えば、スティックの握り方(グリップ)や振り下ろし方(ストローク)。 握ったところが写真に載...

こんにちは。abbeyです。 レッスンをしていると、「このCDのこの曲がやりたいです」という要望が多々あります。 コーチ側としては、その要望にそってレクチャーをするわけなのですが、実際問題として課題が山積みで、「できました!」と言えるまでにものすごく遠い道のりを感じる生徒さんも中にはいます...

本日の練習はルーディメンツの細かいのをやってみました。それと自分の悪い癖のチェック。苦手なフレーズをストレスにならない程度に続けて、どこに原因があるかを探して、その解決方法を考えながら手探りでの練習です。(というかむしろ練習はいつもその繰り返しに近いです) ところで、教本はなにをつかって...

ふと思いついたので書いてみます。 楽器店にいくと、たまにスティックをコロコロ転がしたり、重さを量ったり、色んな方法でスティックを選んでいる方を見かけます。 よき事です!すごく。 abの場合、面倒くさがりなのにハズレを選ぶのが嫌なのでポイントをしぼっています。 モデルはVAT...

さまざま理由はあると思います。 見た目がかっこいいとか、叩くなら自分でも音が出そうとか、そんな感じで最初はいいのです。 というより、もはやきっかけなどは気にせず、まずは一歩<b>「やってみることです」</b> 僕の場合は、ちょっとおかしなきっかけです。 「やる人がいなかった...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ