サイタ音楽教室ドラム教室埼玉 abbey drum clinic スクールブログ abbeyもレ...

abbeyもレッスンを受けてました♪

師匠がいるというのは素晴らしい!と思います。

というのは、プロでも師匠についてレッスンを受けている方がたくさんいるのです、実は。
abもドラムの仕事を始めてから数年間、師匠についてレッスンを受けてました☆あるとき急に「そろそろ卒業してもいいんじゃない?」と言われて卒業になりました。
その数年間、レッスンを受けていて、とても感じたことがあります。

・毎回課題をこなす度にいつの間にか上手くなっている(人から言われる)
・自身では気付けなかった事を教えてもらえる
・練習不足だとすぐバレる(汗)
自分自身で課題を見つけられるようにレッスンされていた

自分では1年かかってもわからないことを、レッスンだと1時間の中で答えがみつかります。あとは、目標に向かって練習するだけ☆やみくもにアレもコレも、と中途半端になるよりも、断然上達が早かったように思います。もしかすると、一生気付けないような事を教えてもらって、音楽の捉え方が一気に変わった!なんてこともありました。

それをabは毎回録音して、ノートに書いておきました。今では虎の巻です(笑)
abのレッスンは自分の上達の過程で悩んだこと、苦労したことを事細かにメモしてあるので、それをレッスンに活かして生徒さんに接しています☆


 

(2009年9月6日(日) 18:52)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

チビッ子大好き!キッズに大人気のジャズドラマー

新着記事

皆様、こんにちは、こんばんは、abbeyです。 abbey drum clinicだけに限らず、他のコーチも同じことではありますが、我々コーチは教則本では理解しきれない部分をサポートします。 例えば、スティックの握り方(グリップ)や振り下ろし方(ストローク)。 握ったところが写真に載...

こんにちは。abbeyです。 レッスンをしていると、「このCDのこの曲がやりたいです」という要望が多々あります。 コーチ側としては、その要望にそってレクチャーをするわけなのですが、実際問題として課題が山積みで、「できました!」と言えるまでにものすごく遠い道のりを感じる生徒さんも中にはいます...

本日の練習はルーディメンツの細かいのをやってみました。それと自分の悪い癖のチェック。苦手なフレーズをストレスにならない程度に続けて、どこに原因があるかを探して、その解決方法を考えながら手探りでの練習です。(というかむしろ練習はいつもその繰り返しに近いです) ところで、教本はなにをつかって...

ふと思いついたので書いてみます。 楽器店にいくと、たまにスティックをコロコロ転がしたり、重さを量ったり、色んな方法でスティックを選んでいる方を見かけます。 よき事です!すごく。 abの場合、面倒くさがりなのにハズレを選ぶのが嫌なのでポイントをしぼっています。 モデルはVAT...

さまざま理由はあると思います。 見た目がかっこいいとか、叩くなら自分でも音が出そうとか、そんな感じで最初はいいのです。 というより、もはやきっかけなどは気にせず、まずは一歩<b>「やってみることです」</b> 僕の場合は、ちょっとおかしなきっかけです。 「やる人がいなかった...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ