サイタ音楽教室ドラム教室神奈川 ドラムスクール・ポリリズム スクールブログ Fujiroc...

Fujirock Festival 2017

2015年のFermin Muguruzaのバックに続いて、今年もMimi MauraのバックバンドとしてFujirock Festivalで演奏させて頂きました。

Mimi Mauraはスカ、レゲエ、ロックステディといったジャンルの歌姫で、メンバーのサックスのセルヒオはグラミー賞も受賞する巨匠で、演奏中もセルヒオが細かい指示出しを飛ばすので、見落とさないようにするのが中々の骨でした。

Mimiの歌のノリ方はタメが効いているのでブルース系やスカ系もボトムをしっかり重くを意識して演奏しました。

今回はカバー楽曲が多く、そのうちの一つ、no no noというレゲエの曲はリディムと言われる、ベースパターンとドラムパターンが定型になっていて、ひたすらに繰り返す上に歌やラップ(ラガ)がのってくるというレゲエ独特のスタイルで、古典的なスタンダードを聴きこんでおくと様々な抽斗を作れるので、良いと思います。

そしてベースとドラムのグルーヴを整えることが一番の肝ではないかと思います。このジャンルをやるドラマーさんは相方と一緒にタメ感を出せるように日頃から細かいやりとりができるようにコミュニケーションを取っておくといいでしょう。

Fujirock Festival 2017Fujirock Festival 2017Fujirock Festival 2017

(2017年8月15日(火) 0:16)

前の記事

この記事を書いたコーチ

ドラマー家系ならではのセンス。ジャズ~ブルースまで、女性の生徒さん多数

ブログ記事 ページ先頭へ