全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 バシリズム・ドラムスクール スクールブログ なかなか上達で...

なかなか上達できない方に!「ポジティブ練習法」のススメ

今回のコラム!お題は

「ポジティブ練習法」


以前テレビでゴルフのレッスンプロの方が行っていたのを参考に、自分のレッスンにもアレンジして取り入れています。

生徒さんにも普段の練習としてオススメしていますのでザックリとご紹介します!


●「できない」を繰り返すとスランプの危機!?

レッスン中によく見られる光景として

フィルインやパターンの変化がある部分でつっかえる

つっかえたらある程度戻ってはじめるが、また同じ部分でつっかえる

つっかえた部分がクリアにならないまままた戻ってはじめる…以下ループ

ということがあります。
心当たりのある方も多いかと思います。

このような練習はくり返すとクセになり、場合によってはスランプに陥ってしまう危険性があります!スランプになると練習が苦痛になってしまいますよね。


●「できない…」を忘れ「できる!」を記憶する

まず解決する手順として、確実に「成功(正解)」のリズムを叩きます。
ゆっくりで良いので、できなかった部分のリズム(手足のコンビネーション)をクリアにしていきましょう。
あまりにもできない場合は音一個一個を分解しても良いです。

「成功」をくり返すことにより、リズムパターン全体の仕組みが分かってきます。
ここで重要なことは「失敗」のイメージを忘れることです。

同じ「失敗」をくり返すと失敗のイメージが刷り込まれてしまい、スランプのもととなります。
失敗のイメージがちらついてしまう時は意識的に忘れ、ゆっくりから「成功」をくり返し行い、記憶に刻み込んでいきます。
成功しているイメージが瞬間的にできればもうこちらのものです!


●なにはともあれポジティブに!

失敗を忘れ、成功したイメージを常にできるようにするにはとにかく「ポジティブ」なメンタリティが必要です。

ものごとがうまく行っている時というのは、メンタルも良い状態ですよね?
人間だれしも気分の波はありますが、「ポジティブ」をなるべくキープすることにより、相乗効果で好調を維持することができます。

ドラムがなかなか上達せず、練習がイヤになってきたらぜひこの方法を試してみてください!


ではではまたお会いしましょ~^^

(船橋 洋史)

 

(2017年7月31日(月) 13:47)

前の記事

この記事を書いたコーチ

お兄さん的存在!ハートフルなアドバイスと「いい音色」を目指す

ブログ記事 ページ先頭へ