全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室兵庫 sho`sドラムスクール スクールブログ 練習と表現力を...

練習と表現力を結びつける方法!


皆さんどうも!

講師の翔です!!


今日の話ですが
ドラムに興味有る方や
ドラムをやっている方は

ルーディメンツとゆう言葉を聞いた事や
実際やっている方もいると思います。


このルーディメンツとは
教科書のようなもので
手順や音符などが
指定されているので練習しているとゆう感覚が
強く意識されやすいです。

なので初心者の方などは
練習するとゆう感覚身につけ
自宅などでの自分の練習方法を
確立していく
手段の一つにもなるのです…が!


ここで落とし穴があるのです!

例えばシングルパラディドルとゆう
ルーディメンツがあります
手順はごく簡単で
右手(R)左手(L)
RLRR LRLLとゆうのが基本です
これと
ただのRLRLRLRLの手順と

叩き比べてみてください

一方はなめらかに
もう一方はストレートで
太い音に感じられるはずです!


これを意識できるできないとでは
ライブやバンドの練習の時の
表現力が圧倒的に違ってくるのです!

ただ何かを練習するより
なぜそれが
必要なのかが大切なのです!

こうする事により
練習した以上の結果が
結びつきますよ!

 

(2009年9月14日(月) 21:03)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

スキルだけでは未完成。ゆっくり話せる先生のメンタルサポートで演奏に自信

ブログ記事 ページ先頭へ