サイタ音楽教室ドラム教室東京 マフィンドラムスクール スクールブログ スランプはいり...

スランプはいりましたら・・・・

「少年よ!木全体をみるのじゃよ!」

大体、悩んで、苦しいときは、どんどん自分の視野が
狭く見えている時が多いですよね。

わたしも良くあるんです。

これができればこうなる・・・・
次までにはこうしなくては・・・・
いまのじぶんにはこれがたりない・・・・

こんな気持ちがあるから、練習して努力して、向上していく!

「なんともすばらしい」

でもなかなか答えも結果もついてこない。どんどん自分を追い込んでいく。

そりゃ、ローマなんて一日や一年ではできません。

実際、結果よりも過程が大切。
練習して他のことを発見、感動することのほうが
多いようなきがします!

大切なのは固まった視点、視野の角度、距離を変えて見ることですね。


極端ですが。。。。


こんなの出来てもお客は聞いてないかもしれない・・・・
なんとか出来るようになったけどこのバンドには合わないかも・・・・・

まあいろいろあるわけで、はっ葉一枚みあきたら、
木全体を見てみましょうということですね!

もちろんレッスン中は生徒さんの細かい部分と、全体の
バランスをみています!

生徒さんを違う角度でみることができるのがレッスンの
良いとこですよ!

 

(2009年11月27日(金) 5:33)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ゲームのサントラ、愛知万博での演奏、提供した曲は数知れず

ブログ記事 ページ先頭へ