サイタ音楽教室ドラム教室東京 マフィンドラムスクール スクールブログ ラジオ

ラジオ

車なんかで行動する時間が長い私。
ラジオをよくきくんです。
ラジオすきなんです。

インターFMの朝の番組バラカンモーニングよく聞いています!
ピーターバラカン氏、さすが!という驚きもつかぬま、
とにかく音楽のジャンルが広すぎる!

もちろんお気に入りのCDを聞くのもよいのですが、
知っている曲。
知らない曲。
聞きたかった曲。

いろいろですが、ラジオのよいところは、
忘れていた曲。
意外に今の心境にあう曲。
他のリスナーさんの思い出と思い出の曲。


などなど、おもいもよらない感動があるところですね!

カーペンターズにもラジオという歌詞の使われる曲がありますし、RCサクセションにも名曲トランジスターラジオ
があるし、壊れかけの~と様々ですね!

僕のようにドラムを叩いているとどうしても曲を聴いているとドラムのプレイばかり耳がいってしまい、偏った聞き方をしてしまいます。

意外に自然に耳にはいってくる音楽を自然に心で、体で感じるのは難しいんです。

僕の場合、ラジオはそんな自然な空間を再現してくれるちょっとしたひと時なんです!

ドラマーのかたもそうでないかたも頭や知識ではなく、
心で感じるひと時をおすすめします!

ドラム叩いていても同じですね。
心で叩いて。
心できいて。

 

(2009年11月19日(木) 20:29)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ゲームのサントラ、愛知万博での演奏、提供した曲は数知れず

新着記事

実は今年になってスキーを始めました。 35年間、全くスキーに行く機会がなく、誘われる事もなく時間が過ぎていきました。 実は身体を動かす事、全てがドラムに通じる訳でして、サーフィンを始めた時も今回スキーを始めても脱力、バランス感覚が大切だと初心に戻れました。 ドラムのようにイスに座...

ドラムに限らず音楽の基本は音を響かせること。 日々、沢山の人、音楽、出来事、、にこころを震わせ、その振動を音に乗せて人に響かせる。 心技一体。心を響かせて、音が響くのです。

私自身も常に音楽的悩みを抱え続けています。 悩んで、信じて、失敗して、這い上がろうとして、頑張っています。 そんな苦境を乗り越えようとする時にいつも隣に過去の自分がいます。 過去の自分、努力した自分は必ず手を差し伸べてくれます。 打楽器をやり始めたばかりの頃の練習や教本など基本...

寒くても、寒くても、星の数ほど叩きましょう。

講師の私事ですが、ベルギーの化け物バンドABORTED の初来日ツアー! 我らがOGREも東京、静岡とサポートします! ぜひこの機会を!

ブログ記事 ページ先頭へ