サイタ音楽教室ドラム教室東京 マフィンドラムスクール スクールブログ 思い起こしてみ...

思い起こしてみれば・・・・響鳴?共鳴?

もう太鼓を叩くということに、16年も費やしているんだ。
あと3,4年で人生の半分をドラムに接していることになるんだなぁ。

思い起こしてみれば、かれこれ20数年前・・・・
通学していた幼稚園でいわゆる「鼓笛隊」 
の練習をさせられていた私。

クラスは3つ。私もその中のひとつのクラスで小太鼓を
叩かされていました。

ある日。いつものように部屋で練習していると・・・
どこからか音が聞こえてくるじゃないですか!

近ずいてくる。近くなってきた!

あ!」
保母さんが部屋のしきりを外したその瞬間。

他のクラスの鼓笛隊と合流したのです!
いわゆる合同練習。
今でも覚えている、あの興奮。感動。
子供ながらに音が混ざりあう感覚に
腰がくだけそうになった記憶が
今でも鮮明に頭に焼きついています!

いま思い起こしてみると子供のころから変わってないん
ですね。

お互いに「響きあう」ということに。

人と出会って話すことも、オンガクやることも、喜怒哀楽
することも、愛し合うことも(笑い)
すべては響きあうこと>共鳴?

そう「響鳴」することに幼少のころから興奮する性質だつたのです。

おそらく自分と他人の太鼓の音が響きあう感覚にえらく感動したのでしょう!

先日、ブッチー武者(ひょうきん族、懺悔の部屋のキリスト)さんがおしゃっていました。

「舞台でもなんでも、一緒にやりたい、一緒にやっていて楽しい奴っていうのは一緒に響ける奴。
共感ではない共鳴できる奴」

とありがたきお言葉!
だてにキリストではありません!

彼からさずかったお言葉。
おそらく共鳴、いや響鳴だったにちがいない。






 

(2009年10月16日(金) 5:26)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ゲームのサントラ、愛知万博での演奏、提供した曲は数知れず

新着記事

実は今年になってスキーを始めました。 35年間、全くスキーに行く機会がなく、誘われる事もなく時間が過ぎていきました。 実は身体を動かす事、全てがドラムに通じる訳でして、サーフィンを始めた時も今回スキーを始めても脱力、バランス感覚が大切だと初心に戻れました。 ドラムのようにイスに座...

ドラムに限らず音楽の基本は音を響かせること。 日々、沢山の人、音楽、出来事、、にこころを震わせ、その振動を音に乗せて人に響かせる。 心技一体。心を響かせて、音が響くのです。

私自身も常に音楽的悩みを抱え続けています。 悩んで、信じて、失敗して、這い上がろうとして、頑張っています。 そんな苦境を乗り越えようとする時にいつも隣に過去の自分がいます。 過去の自分、努力した自分は必ず手を差し伸べてくれます。 打楽器をやり始めたばかりの頃の練習や教本など基本...

寒くても、寒くても、星の数ほど叩きましょう。

講師の私事ですが、ベルギーの化け物バンドABORTED の初来日ツアー! 我らがOGREも東京、静岡とサポートします! ぜひこの機会を!

ブログ記事 ページ先頭へ