全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 がくドラムスクール スクールブログ 生ドラムと電子...

生ドラムと電子ドラム

ものすごく久しぶりのブログ更新です(汗

今回は生ドラムと電子ドラムについて書いてみようと思います。
僕がドラムを始めたころは、今みたいに数万円で買える電子ドラムなんてなかったし
手足4本全部使ったドラムの練習をしたければ、スタジオに行くか、
学校で吹奏楽部なり軽音楽部に入るしかありませんでした。

今は最安であれば5万円切るくらいで電子ドラムが買えます。
これはいいのか悪いのか?

個人的には、特にはじめたての頃は、電子ドラムって楽しいと思います。
一人で手足をパタパタ動かしていても、ドラムの音はしませんけど、
電子ドラムは実際のドラムの音量とは比較にならないくらい小さくて
ドラムセットの音がしますので。

「なんとなく、こんなかな」って叩いてみたものがどんなふうに聞こえるのか?
初心者の内はイメージしにくいことが、電子ドラムがあることで
「ああ、こんな風に聞こえるんだ!」ってわかりやすい。
電子ドラムのメリットってそこだよねって思います。

ただ、電子ドラムって要するに楽器じゃなくて、センサーの塊なので
スティックが当たれば音が出ます。そのスティックがたとえ菜箸でもw
どんなにむちゃくちゃな手の動きであっても、いい音がしちゃいます。
これが電子ドラムのよくないところ。

生のドラムももちろん、当たりさえすれば音が出ます。
それも結構なおっきい音がします。
ただし、いい音、ライブや音源で聞けるようなかっこいい音を出そうとすると、
それはもちろんそれなりに練習しないといい音が出ません。
電子ドラムはそこんところがおざなりになってしまいがちなのも間違いないです。

電子ドラムなんて買うな!なんていうつもりはないんですよw

ただ、生のドラムセットできれいな音を出すにはどうすればいいのか
小さい音も大きい音も自由にきれいに出すにはどうすればいいのか
そういうことを学ぼうと思ったら、やっぱり生のドラムセットに触るべき。

なので、生徒さんにお勧めしてるのは
「スタジオに行くこと」
「生ドラムに触る機会を増やすこと」
そして「人と一緒に音を出すこと」の3点です。

ひょっとしたら電子ドラムでレッスンをされているコーチのかたも
いらっしゃるかもしれませんが、僕のレッスンでは生ドラムを使います。
また、僕の自宅に生ドラムを2台並べてのレッスンなので、スタジオ代もかかりません。
レッスンで生ドラムに触る機会はある程度作れます。

ただ、それだけでは足りません。なにより僕のレッスンの課題が終わりませんw
一人でスタジオに個人練習に行くと、スタジオ代は1時間500円から800円くらい。
もちろん一人では何をしていいか最初はわからないでしょう。
安心してください、教えますw

あとは「人と一緒に音をだすこと」楽器を弾ける友達と一緒にスタジオに行ってもいいしバンドを始めるのももちろんいいです。
人と一緒に音を出してみないとわからないことっていっぱいあります。
どれくらいの音量で叩けばみんなに聞こえるのか、伝わるのか。

ドラムはとってもアコースティックな楽器ですので
いい音を出すのは技術が全てです。スピード?うん、ある方がいい。
難しいフレーズ?うん、叩けたらかっこいいよね!
でももっといい音を出すにはどうすればいいの?
大きくても、うるさくなくて、みんなに気持ちいいと思ってもらえる音。

そんな音を出せるように、これからも皆さんと一緒に勉強していきたいと思います。

# 体験レッスンは外部のスタジオで行いますが
# 本レッスンは僕の自宅で行います。お申込みはお気軽にどうぞ!

 

(2017年3月24日(金) 12:18)

前の記事

この記事を書いたコーチ

NY仕込みのジャズドラマー。少ない時間で上達する方法伝授します!

がくドラムスクール
山口岳 (ドラム)

川崎・大井町・蒲田・千鳥町・矢口渡

ブログ記事 ページ先頭へ