サイタ音楽教室ドラム教室東京 shinロックドラムスクール スクールブログ 「練習のコツ」...

「練習のコツ」について!!

いよいよスクールが開校になりました!!

うれしいですね~!!

まだ見ぬ生徒さんの事を考えワクワクしながらレッスンメニューの見直しをしています。

初ブログの内容は「練習のコツ」について3回に分けて書きたいと思います。



私は今でも一日3~4時間の練習を特別な予定が無い限り毎日続けています。「そんなに練習して飽きない?」とか「大変じゃない?」とかよく言われます。

しかし練習には「コツ」があるんです!

ただひたすら出来ない事を長時間続けるのは、苦しいし大変だし集中力がもちません。

結果、苦労している割には成果があまり上がらず、練習の辛く苦しいイメージだけが強く残り練習が嫌いになりやめてしまう...これは最悪の悪循環です。

私も20代前半の頃そうだったのですが、練習時間の割りに成果が上がらないんです。

「何でこんなに練習しているのに結果が出ないんだ?」とずいぶん悩みました。

成果の出ない原因が当時は分かりませんでしたが、結論から言うと「練習方法」が悪かったんです。

当時は「スポコン根性」でとにかく練習!練習!練習!一つの事を何時間でも出来るようになるまでひたすら、練習!練習!練習!

これはかなりキツイです!ストレス溜まりまくりです!

人の集中力はそう何時間も持たないそうです。専門的には分かりませんが、私の場合1時間くらいです。

「え?でも毎日3~4時間練習しているんじゃないの?」と思った方、1時間しか持たない集中力で、3時間でも4時間でもそれ以上でも時間の許す限り集中して練習できる「練習のコツ」があります。

「そんな魔法のような方法があるのか?」と思った方もいらっしゃるかと思いますが、これがあるんです。しかも何も難しい話ではありません。

次回に詳しくご説明します。

 

(2009年11月19日(木) 1:09)

次の記事

この記事を書いたコーチ

元NHKの歌のお姉さんのバックバンドも務めるメタル系バンドマン!

新着記事

「時間割」を作ったら次は練習メニューです。 ただ時間を区切っただけで闇雲に練習していても効率が悪く成果も出にくいので、練習計画が必要です。 レッスンの中で詳しくやっていきますが、 まず「スティックワーク」「フットワーク」「コンビネーション」「各種リズムパターン」に練習項目...

種を明かせばごく単純な話。1時間を4回繰り返すだけです。 4回繰り返すと言っても同じ事を4回繰り返すだけでは間に休憩を挟んでいるだけで、 長時間のキツイ練習とかわりませんので、1時間の練習メニューを4つ作ります。 平たく言うと学校の時間割と一緒です。 1時限目何々。...

いよいよスクールが開校になりました!! うれしいですね~!! まだ見ぬ生徒さんの事を考えワクワクしながらレッスンメニューの見直しをしています。 初ブログの内容は「練習のコツ」について3回に分けて書きたいと思います。 私は今でも一日3~4時間の練習を特別な予定が無い限...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ