全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #2,331 ...

#2,331 (3/21)~フォーム♪

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

3連休の今日も三宮~江坂~十三~西明石~江坂でレッスン~。春分の日らしく、春らしい暖かく良い天気だったので外でレッスンがしたくなります♪実際無理ですが…(^_^;)

さて、ドラムを叩く上でフォームは大事です。
叩くと上半身が縦に揺れる人や足が痛くなる等、フォームが悪いと色々支障が出ます。

特に身体が縦に揺れるとバスドラムが安定しなくなったり、左足のハイハット・ペダルが上手く踏めなくなります(実際、左足を使いハイハットを8分で刻めない人が多い)。

ドラムを叩く上で基本的なフォームを少し紹介します。自分自身が叩く姿を鏡で見るか録画しチェックしてみましょう。

(画像参照)
画像は私が叩く横からのフォームです。

①まずイスは深く座らず前の方に座ります。これは足の裏がイスに触れない為。落ちそうに見えるかもしれませんが、これ位がベストです。
又、ペダルからイスまでの距離も重要。近すぎず遠すぎず、真下にペダルがくるようにイスをセッティングしましょう。

②大事なポイントは膝の角度。ここが直角より狭いと毎回足を上げる事になり負担になります。バスドラムを踏む時は足全体を降ろすように踏むので、膝の角度が90度以上になるようイスの高さを調整しましょう。極端にイスが低い人は要注意です。

イスが低くてもペダルからの距離があれば膝の角度を直角以上にする事は可能です。色々試して自分に合った安定したフォームを見付けましょう。

---------------------------------------------------

※ブログでレッスンが出来ない日をお伝えしてます(毎日更新中)。

「4月」
~9(日)、11(火)、12(水)、15(土)~18(火)、22(土)、23(日)、26(水)、29(土)、30(日)

「5月」
~7(日)、

---------------------------------------------------

P.S.
メーカー協力で私が演奏している動画がYouTubeにアップされてます(再生回数は何と20,000回を越えてます)。自宅等で練習可能な活用法も紹介してますので是非ご覧になってください。

「Traps Drums A400NC【Sound Check】」
「クリア→コーテッド→解説→メッシュ」
https://www.youtube.com/watch?v=F-G_kRlvebI&list=PL9wTBO_1pSejZ6U0sGFfs8zw2dsdNnOx4&index=1

メーカーHPはこちら

http://www.applecorejapan.com/trapsdrums/youtube.html

#2,331 (3/21)~フォーム♪

(2017年3月21日(火) 0:33)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ