全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #2,313 ...

#2,313 (3/3)~上手い人は皆踏んでいる♪

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

上手い人だと分かるポイントとして、ハイハット・ペダルのコントロールがあります。左足を使ってハイハットを刻む等、上手い人は皆踏んでいます♪

逆にいうと左足を使ってない人は常に3点で叩いている為、ジャンルの偏りがある等、左足を活かせてないです。

大体の人が左足を後回しにしますが、早い段階から左足を踏む練習をした方が絶対良いです。今回はそんなハイハット・ペダルのコントロールについて紹介します。

ハイハット・ペダルのコントロールは大きく2種類。
(画像)

①画像上
右手でハイハットを刻んでいる時に、部分的にハイハット・オープンがある場合は、つま先の方を少し上げます。※かかとは上げません(○部分)。つま先を上げるといっても少し力を抜く程度です。
音符の長さを意識し踏むタイミングが早くならないようにしましょう。

②画像下
右手でライドを刻んでいる時に左足もハイハットで同じリズムを刻むコントロール。この時は、かかとを上げ、バスドラムを踏む時と同じように刻みます。開いている時間より閉じている時間の方が長く"チッチッ"と手で叩いているようなサウンド出します。

ハイハット・ペダルに限らずペダルのコントロールは踏み方の使い分けです。色んな上手いドラマーが演奏していますが、分かりやすいドラマーの見本、親交ある神保さんの動画がありますのでチェックしてみてください♪

https://youtu.be/c5fxISFLqyI

★今回の画像は譜面やイラストも付け見やすく作ったと自分でも思いました(^_^)/(自画自賛♪)

-----------------------------------------------------

1月以降に入会しレッスンを始められた生徒さんへ。
体験レッスンが終わってから「体験レビュー」のメールが送られてきたと思います。是非コメントをお願い致します♪

-----------------------------------------------------

※ブログでレッスンが出来ない日をお伝えしてます(毎日更新中)。
4月も少しずつ埋まってきました。3月は残りわずかですが日によって少しだけ空き時間がありますので相談してください(※日程変更は別)。

「3月」
~19(日)、22(水)、24(金)~27(月)、29(水)、30(木)

「4月」
1(土)、2(日)、5(水)、8(土)、9(日)、12(水)

---------------------------------------------------

P.S.
メーカー協力で私が演奏している動画がYouTubeにアップされてます(再生回数は何と18,000回を越えてます)。自宅等で練習可能な活用法も紹介してますので是非ご覧になってください。

「Traps Drums A400NC【Sound Check】」
「クリア→コーテッド→解説→メッシュ」
https://www.youtube.com/watch?v=F-G_kRlvebI&list=PL9wTBO_1pSejZ6U0sGFfs8zw2dsdNnOx4&index=1

メーカーHPはこちら

http://www.applecorejapan.com/trapsdrums/youtube.html

#2,313 (3/3)~上手い人は皆踏んでいる♪

(2017年3月3日(金) 0:02)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ