全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #2,293 ...

#2,293 (2/11)~インチを知ろう♪

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

体験レッスンの申込みが一気に増え、スケジュールも更に埋まってきました。

教員経験から学んだ事の1つに、同じ講師でも考えや思いは人それぞれ。大きな組織でも結果的には1人に対する影響力が関係します。

何が言いたいかと言うと(^_^;)、講師の教え方によって生徒さんは影響するという事。このスクールの場合は習う講師を最初に選択できますが、実際に体験レッスンを受けないと分からない事も多いです。

基本、私のレッスンは楽曲ではなくテキストを中心としたレッスン内容です。基礎なくして応用はあり得ませんからね。体験レッスンを受ける時はよくHPを見て検討してくださいませ。

さて、ドラムやシンバルは円形なので、サイズはインチで表します。右や左、大・中・小ではありません(^_^;)

スタジオにあるサイズしか知らない人が多いと思いますが、必ずしも絶対ではなく、本来自由に選択出来るのがドラムの面白い所です。

よくスタジオにあるインチは~
・バスドラム22"
・スネアドラム14"
・タム12"
・タム13"
・フロアタム16"
・ハイハット14"
・クラッシュ16
・クラッシュ18"
・ライド20"

何故かタムの間隔がバラバラで、12"→13"→16"と1"~3"の差があります。このサイズが定番となっていますが、これはドラムメーカーが昔カタログを作る際に見た目のバランスが良かった事から決まったようです。サウンドは関係なかったんですね~(^_^;)。なのでチューニングが難しいのは当たり前なんです。

比べて画像は私のセットをインチで表したものです(画像参照)。
タムのサイズが均等に2"ずつなのが分かると思います。本来バランスを考えればキレイに揃えた方が良いです。又、8"からスタートするとハイハットにも当たらずセッティングも楽でタム回しも演奏しやすくなります。

昔は13"以外の奇数サイズ・タムもありましたが、今では偶数が主流となりました。まずヘッドがありませんからね。

サイズはサウンドに大きく影響します。自分自身のタムやシンバル、スネアを購入する際は考えて選びましょう。

---------------------------------------------------

※ブログでレッスンが出来ない日をお伝えしてます(毎日更新中)。3月も残りわずかですが、日によっては多少空き時間もありますので相談してください。

「2月」
~18(土)、20(月)~28(火)

「3月」
1(水)~17(金)、22(水)

---------------------------------------------------

P.S.
メーカー協力で私が演奏している動画がYouTubeにアップされてます(再生回数は何と16,000回を越えてます)。自宅等で練習可能な活用法も紹介してますので是非ご覧になってください。

「Traps Drums A400NC【Sound Check】」
「クリア→コーテッド→解説→メッシュ」
https://www.youtube.com/watch?v=F-G_kRlvebI&list=PL9wTBO_1pSejZ6U0sGFfs8zw2dsdNnOx4&index=1

メーカーHPはこちら

http://www.applecorejapan.com/trapsdrums/youtube.html

#2,293 (2/11)~インチを知ろう♪

(2017年2月11日(土) 3:44)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ