全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 太鼓の教室 スクールブログ 練習を考える《...

練習を考える《実践編》

どーも、藤島です☆

前回は「考える」ということはなぜ大事なのか??
と、言う事をすこし話したね。

今回はいよいよ核心に突入です。

実際に練習している時、
みんなは何を考えてやってるかな??

スティックコントロールの練習中、

「このテンポであと何分やるぞ!!!」

とか

「もう少し正確に叩きたい!!」

「疲れたぁぁ」(笑)

それぞれ違うよね。


もちろん
↑のような練習も全然おけー(^0^)b

でも、
こんなのはどうだろう??

例えば、何気なく聴いたCDの中に
すごくカッコイイフレーズがあったとします。

「これ、叩くてぇ~」

そのフレーズを叩くためには
まずフレーズの研究をするよね。


その

「フレーズを研究する♪」

という事がとても重要なのだ!!

最初はなかなか難しいと思うケド
そこは脳みそをフル回転!!

そして・・・
そのフレーズが分かったら
その通り叩くためには、どういう手順にすると
やりやすいのか??

RLRL・・・シングルストローク?

はたまた

RLRR・・・とパラディドル??

それとも

↑の組みあわせ???

ぱずるみたいでしょ♪

こう考えると、謎解きみたいで楽しくない???


また、

「早く叩きたい!!」

ということだって、

《ドラムソロを組み立てたい》

《速いテンポで8ビートを叩きたい》

などなど。。。
先に
「自分はこうしたいっっっ」
という事をみつけて、それに向かって
試行錯誤するほうが、練習が俄然楽しくなるよ~(^0^)v

考え方をチョッと逆にして
「練習を楽しんで」ね!!!

でわ、おやすみ~
zzz・・・

 

(2009年11月21日(土) 2:02)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

東京スクールオブミュージック元講師!清水アキラのサポートも担当

太鼓の教室
藤島浩 (ドラム)

渋谷・代々木・新宿・高田馬場・桜木町・関内・吉祥寺

ブログ記事 ページ先頭へ