全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #2,271 ...

#2,271 (1/20)~サポート・ライヴ~その三♪

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

ライヴ・レポ、3回目です。
画像はライヴで叩いた私のセットを上から見た感じです。実際にこのアングルで叩いていると思って見てください。
ここから見える色んな"こだわり"を紹介します。
(画像参照)

スネアが大きく見えますがサイズは通常の14"です。
タムがスタジオに置いてあるサイズと異なるのでスネアが大きく見えてしまいます。
ヘッドはスネアがREMOコーテッド(アンバサダー)、タムはREMOピンストライブです。

タムは左から8"、10"、12"、14"、16"と、2インチずつ均等にしています(よくスタジオにあるのは12"、13"、16"です)。
このサイズだと手前の3タム・セッティングがしやすく、スネアと同サイズのフロアタムが右側に置けて見た目も良い感じになります。

又、YAMAHAのタムホルダーはボール状(球体)なので細かい角度のセッティングも可能。YAMAHA独特の"トゥーン"というサウンドもこのホルダーが関係し気に入ってます。

シンバルは今回、Zildjianと小出のハイブリット仕様となりました。Zildjianの中で一番気に入っているK Custom Hybridシリーズを使用し、ハイハットは14"、クラッシュは16"と18"、ライドは20"。小出はスプラッシュが8"と10"(609&808)、クラッシュは14"(プロトタイプ)です。

ライド20"は12"タムにかぶるようにセッティングし、脇を開けないフォームを意識してます。ライドの位置が右に行き過ぎる人は疲れるので要注意です。

一番右側にあるシンバルは、小出クラッシュ16"にZildjian/K Custom Hybridトラッシュ・スプラッシュ13"を重ねてます。スプラッシュは沢山使う私ですが、チャイナを置くのが嫌いなので、重ねて使う事が多いです。色々試し何故かこの組み合せが一番良いサウンドで好きです♪

スティックは両サイドにスペアを置いてますが、Gig Gripsを使ってからは安心感が違います。
フットペダルYAMAHA/FP-710をセッティング、予備に新しいタイプも置いてます。

セッティングの"こだわり"は演奏において大事です。
長くドラムを続けたいなら意識していきましょう。


※2月でレッスンが出来ない日をお伝えします。
2(木)、4(土)、7(火)、11(土)、12(日)、15(水)、16(木)、21(火)、22(水)、23(木)、26(日)、27(月)


P.S.
私が演奏している「Traps Drums」の動画がYouTubeにアップされてます(再生回数は何と13,000回を越えてます!)。
自宅等で練習可能な活用法も紹介してます。

「Traps Drums A400NC【Sound Check】」
「クリア→コーテッド→解説→メッシュ」
https://www.youtube.com/watch?v=F-G_kRlvebI&list=PL9wTBO_1pSejZ6U0sGFfs8zw2dsdNnOx4&index=1

又、㈱アップルコアHPのYouTubeページが更新されました。

http://www.applecorejapan.com/trapsdrums/youtube.html

#2,271 (1/20)~サポート・ライヴ~その三♪

(2017年1月20日(金) 3:06)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ