全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 太鼓の教室 スクールブログ 練習を考える

練習を考える

どーも、藤島です。

このブログも早いもんで、3回目となるので、
そろそろドラムとか、音楽の話をしていこうかと。

いきなりだけど、
練習、してますか??自分はあまりしてません。。。
(しょっぱなからスイマセンm(_ _)m)

でも...
昔はすげーーーーーーーしてました。
(ちょっと大げさです(笑))

====
経験者の方は、
ある程度自分の練習方法を
持っているかと思います。

でも、これからドラムを始める、
また、始めたばっかりの方は
「練習っていわれてもなぁ。。。」
と思います。

そこで、1つ提案!!
練習の前に、目標を立てる (;一_一)

ただ黙々と練習パッドどクリックで
修行僧のように基礎練習をやるのもいいですが、
それだとだんだん飽きてしまうと思います。
(自分はO型なので、すぐ(-。-)y-゜゜゜でした(汗))

なので、
この練習は、何の為してるの?
と考えます。

たとえば。。。

■早いテンポの8ビートのを叩きたい。
■フィル・イン(オカズ)のバリエーションを増やしたい。
■ドラムソロをしたい。
■好きなバンドの曲を叩きたい
■モテたい(爆)

とかとか...
理由は何でもアリです!!

5つ目以外(笑)は不思議なもので、
目標、つまり興味が沸いてくると
自然とヤル気がわいて来ますよ!!!

そして、その理由が分かったら、
あとは実践のみです!!

何も考えずにやるよりも、
目標がある方が、やりがいがあるよ!!


ここで一言。
「修行僧より、一休さん」
これ大事(笑)

もちろん、練習中にも考える事を忘れずに!!

とゆーことで、次回は
実際に練習の時に何を考えるか
とゆーことについて書こうかと思います。

でわでわ、また♪

 

(2009年11月8日(日) 23:10)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

東京スクールオブミュージック元講師!清水アキラのサポートも担当

太鼓の教室
藤島浩 (ドラム)

渋谷・代々木・新宿・高田馬場・桜木町・関内・吉祥寺

ブログ記事 ページ先頭へ