全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 太鼓の教室 スクールブログ おはつです!!

おはつです!!

はじめまして。

藤島といいます。

今回は記念すべき第1回目ということで、
自己紹介をかねて、思った事を何も考えずに
書こうと思います。

突然ですが、
ドラム(ドラマー)ってどんなイメージですか??

・体力を使いそう(=体育会系?)
・Liveだとあまり見えない(涙)
・石原 裕次郎(古いかなぁ...(汗))

などなど...。


ちなみに、
ドラムを叩いた事がない知人から聞いた
イメージの第1位は。。。(ここでドラムロール♪)

「両手両足をバラバラに動かすってスゴい!!!」

でした!!


でも、よく考えてください。
たとえば車の運転。

自分もドライブが好きで、よく運転をしますが、
足にアクセル・ブレーキ。
手にはハンドル。
そして、場合によってはカーオーディオの操作とか、
ウインカー、ワイパーの操作、
さらに、状況判断!!!

マニュアル車に至っては、
さらにクラッチ&シフト


・・・日曜夕方に放送中の某お笑い番組の
山○くん並に、手足は大忙しです。


どっちにも共通している事は、

「成せば成る!!」

という事です。


車の運転も、最初に運転席に座った時は、
教習所内を走る事もできなかったのに、
教習所を卒業した後、ふつーに道路を
運転できるようになりますよね。

ドラムも車と同じ。
コツさえつかめば、あっという間に
叩けるようになりますよ!!



ちなみに、オイラは車の卒業試験(いわゆる卒験)
5回落ちました。。。(笑)

それでは、また!!

 

(2009年11月8日(日) 19:01)

次の記事

この記事を書いたコーチ

東京スクールオブミュージック元講師!清水アキラのサポートも担当

太鼓の教室
藤島浩 (ドラム)

渋谷・代々木・新宿・高田馬場・桜木町・関内・吉祥寺

ブログ記事 ページ先頭へ