サイタ音楽教室ドラム教室東京 ドラム塾【舞】 スクールブログ ペダルノハナシ

ペダルノハナシ

高校2年生の頃だったかなぁ~?
確か初めて買ったモノはPearlのダブルチェーンドライブでした。
このガシッとした感じが好きでしてねぇ~。。。
そして購入して約2年後、いとも簡単に浮気しました。

YAMAHAの名器と歌われたFP-720ベルトドライブでした。
これは師匠のオススメでもありました。
レッスン会場の楽器屋さんにポツンと置いてあったので、
『急いでお年玉を持ってくるから売らないでくれ!』って
店長にお願いした事を思い出します(笑)
癖を感じない素直なペダルだったなぁ~って印象です。

そして、現在はTAMAのアイアンコブラを使用しています。
こちらもベルトドライブ。
裏側に、コブラコイルって云う反動をお手伝いするバネを搭載しております。
何だかんだで、ベルトが好きなんですね~。

『何故?』
って聞かれても困るんですが、
やはりFP720との出会いが大きかったのではないでしょうか?
『何故手放したの?』
調整をミスって拾集がつかなくなっちゃったんですね(恥)
若かったしもの凄く短気だった頃なので、あっさりと諦めちゃいました。
皆さんは、こんな風になっては行けませんよ!

その他にもAXISっていう、飛行機の部品を作る会社のモノや、
老舗ブランドDWってのも色々と試しましたね~。
最近だと、ダイレクトドライブって言って、
ベルトでもチェーンでもないモノもあります。

結局のところ、何が良いんでしょうかねぇ~?

その人の奏法に合ったモノが一番!
これが、僕なりの理論です。
足の感覚なので、手よりもチョイスが難しいと思います。
ですので、色んなペダルを試してみて下さい。
最初のスタートとして、好きなDrummerが使用しているものでもGood!
見た目からでも良いでしょう!

お値段はスティックよりも高額なので、
難しいとは思いますが、楽器屋さんで色々と試してみて下さい。
長時間でなければ、嫌な顔はされません(安心)
但し、
高額商品だからといって、踏み心地が良いとは限りません。
安い品でも、それが自分の足にフィットするなら、
それがパートナーとなります。

マイペダルを購入すると、
ビックリするくらいモチベーション上がります!

さてさて、バスドラムワークについて色々と考えて、
コチラの動画にしました。
Simon Phillipsです!


この人は、右利きでもあり左利きでもあります。
チョットずるいですが、素敵な演奏です。
ハイハットとスネアをクロスプレイしない、
オープンハンド奏法なので、スネアとハイハットの高低差が
殆どありません。
ココにも注目してみて下さい!

ペダルノハナシ

(2009年11月21日(土) 1:44)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ロック~演歌、ヒップホップなど多彩な現場で活躍!初歩の初歩からサポート

新着記事

《セッティング》 リハーサルスタジオやLIVE Houseで演奏をする時に、必ずやらなければならない事。 それが、セッティングです。 皆さんは、セッティングはどうしてますか? 自分が気持ちよく叩けるように&直ぐにアンサンブルが出来るようにする為には、どうしたら良いかを考えてみましょ...

さて、フォームの続きです。 西の大御所、東原力也さんの演奏をご覧ください。 https://www.youtube.com/watch?v=MwmDaEFM8Es 気合の一撃って感じですよね? また、こちらは、マヌ・カッチェという方の演奏です。 https://www.y...

僕が子供の頃に好きだった野球選手の1人に、 巨人の桑田真澄投手がいます。 なんで好きなのかなぁ〜?って考えてました。 多彩な球種とか、巨人の顔とかあったけど、 あの投球フォームの綺麗さだったんだな!って結論に辿り着きました。 https://www.youtube.com/wat...

先日、僕の師匠のところへ、お借りした機材を返却しに行った時のこと。 あまり時間にうるさくない師匠ですが、 この日は珍しく11時に来い!っと。 もちろん、時間通りに行って、きちんと返却しましたw 師匠はこの後、個人練習に入るから11時に来て欲しかったそうです。 プロは日々の...

おはようございます! 今日は天気が良さそうですね! 昨日は、高校生のLessonでした。 僕が高校生の時は、一番練習していた気がします(爆笑) 電車通学だったので、ウォークマン(古)を聞きながら、 BANDスコアを睨みつけてたモノですw お昼休みは、部室でギタリストとセッシ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ