全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 FREEDOMドラムスクール スクールブログ 自分の軌跡

自分の軌跡

こんにちは!講師の井上です!

すっかり寒くなりましたね~!
今日は冷たい雨になりましたが、皆さん体調崩したりしてませんでしょうか!?


さて、先日部屋の掃除をしていたら、何やら見慣れないMDディスクが何枚か出てきまして・・・「何かのリハーサルの物かな?」なんて思って聴いてみたんです。

すると、なんか聴いたことのある音楽が流れてきて・・・明らかに自主制作の匂いがするのですがね(笑)。

一曲目はインストなので、まだ誰の曲なのかが分からない。
けども、そこから聴こえてくるドラムのフレーズは、何故か他人のものとは思えない感じがして・・・。

二曲目に入った瞬間にハッと気が付きました。なんと、僕が十年近く前に音源作りをお手伝いしたアマチュアバンドのミニアルバムの音源だったんです!


いやいや、気が付いた瞬間に一気に汗が吹き出しました・・・あぁ、恥ずかしい(笑)。

そのミニアルバムの完成品は、もちろん自分のCDラックの中にあるのですが、まさかそれがMDに入っているとは思いもしませんでした。


音源を聴いていくと、バンド全体の演奏も荒くて、ところどころ「あらら~!」という感じにはなっているのですが(笑)、それでも、懐かしさのあまりに全四曲を何回も繰り返し聴いてしまいました。

こういう機会がないと、なかなか聴き直したりしないですからね。


音源を聴きながら思ったのですが、クリックを聞きながらの録音だったので、僕の演奏はあまり羽目をはずしていない感じでした。
「アルバム」というカタチに残るものだったので、難しいことはせずに手堅く演奏したのだと思います(笑)。


当時、恵比寿にあった(今もあるのかな?)キレイなリハスタで録音したのですが、エンジニアの方のお陰でドラムの音も良い感じで録音出来ていました。


何より一番びっくりしたのが、僕の「楽曲へのアプローチ」みたいなもの・・・特にフレーズの並べ方とか手癖フィルなどが、あの頃と今もほとんど一緒だということでした(笑)。

僕のオリジナル曲に対してのドラムアレンジみたいなものは、あの頃から大きく変わってはいなかったのです。



例えば、このミニアルバムが全然知らないドラマーの手によって演奏されたものだとして、これらの楽曲をコピーすることになった時に、恐らく「このキメのフレーズが良くないな・・俺だったら、このフレーズはこう変える」みたいなことを考えなくて済む・・・というような感覚ですね。

自分と同じアプローチをするドラマーなんだな・・・と、そのアプローチを受け入れ、すんなりとコピーも出来るような気がします。



しかし、同じような手癖が出ているという時点で、一瞬「成長してないな」と思ったのですが、何回か聴いてるうちに、これこそが井上勇人というドラマーの「自分らしさ」だと感じるようになったのです。

あまり難しいフィルは使わずに、周りに対して分かり易い演奏をする・・・そんな中に時々「遊び心」みたいなものも入れてみたり・・・。
その姿勢は、確かに今でも持ち続けています。

ですから、「成長していない」のではなく「今も積み上げている」のだと思いたいですね(笑)。


正直言って、楽曲もあまり良くなくて演奏も荒いけど(笑)、何故か憎めずに、独りでニヤニヤしながら何回も聴いてしまいました。

自分が苦労しながら歩いてきた道・・・その時々に記録してきたそれらの音源は、間違いなく僕の宝物なのであります。
もちろん、誰にも聴かせたくないですけどね(笑)。


生徒の皆さんにも、出来るだけ自分の演奏は録音して聴き直すようにしてもらいたいと思います。

それはあなたにとって、きっと「バンドの音源」以上のものになるはずですよ。






 

(2009年11月17日(火) 21:13)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

受講者の喜びの声多数!日本唯一の打楽器教育機関で指導を学んだベテラン

FREEDOMドラムスクール
井上勇人 (ドラム)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・中野・大久保・江古田・練馬・野方・初台・笹塚・明大前・下...

ブログ記事 ページ先頭へ