全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 わるん・ドラム教室 スクールブログ ドラムは叩くも...

ドラムは叩くもの?それとも・・・

みなさん、楽しくドラムは演奏していますか???
コーチの萩原です!!

先日僕の率いるバンド、WARUNGはワンマンライブを行いました。

いやいや、気の合う仲間との演奏は本当に楽しいですね♪
まだそういった仲間がいない!って方は、
是非早くに作って音楽の楽しさを分かち合ってくださいな!

きっとご自身のレベルも格段に!上がりますぜー!


では、今回のお話に入りましょう!



ドラムって叩くもの???

ってお話。

んなもん、そうに決まってっぺよ!

って、そう思いますよね?

はい。

その通り。叩くものです。

ただ、ドラムも楽器。そして音楽を演奏する為のものです。

なので、叩くというより、演奏する。
って意識を始めの段階から持つことが重要なのです。

確かにドラムは叩けば鳴ります。

ただ、

あなたの叩いたその音はいい音でしょうか?
初心者の方には常にこの意識を持ち続けて欲しいです。

皆さん最初はテクニックばかりを追う傾向にあるように感じます。
確かに激しくかっこいいフレーズを叩くのは魅力的です。

でもね、チューニングも合っていなくて汚いフォームで演奏するドラマーより、

綺麗な音を意識してシンプルに演奏しているドラマーのほうが

5千倍かっこいいですよ。

そしてそういったドラマーの方が周りのミュージシャンからも好かれます。

だってね、ドラムがチューニング合ってなくて汚い音
=ヴォーカルが音痴でダミ声
=ギターがチューニング狂っていて錆ついた弦・・・

全く同じことですからね!

ですから、是非一度綺麗なフォームで綺麗な音が出せるように
基礎の基礎から見直してみて下さい。

また、チューニングにも気を使ってみて下さい。

当スクールは常に”綺麗で心地よい音”の意識の元で行っています。

良い音で奏でたドラムはそれだけで気持ちよいです!
=より楽しくなることでしょう。

では!

 

(2009年8月30日(日) 23:00)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ポルノグラフィティのサポートも経験!アシッドジャズもこなす多才ドラマー

わるん・ドラム教室
萩原巧也 (ドラム)

天王寺・近鉄日本橋・心斎橋・四ツ橋

ブログ記事 ページ先頭へ