サイタ音楽教室ドラム教室大分 ラブアンドピース・ドラムス スクールブログ 限界を超える

限界を超える

時には、肉体の限界を超える為に厳しい訓練も必要です。

特に、速いフレーズを演奏する時など。

たとえば、16分音符の連打をテンポ150でプレイするとします。

しかし、今の自分はぎりぎりそれを叩けるかどうか際どいところ…。

そんな時は、テンポを少しずつ上げて、思い切って180ぐらいまでいってしまいましょう。

最初は、速さについていくのに精一杯だと思います。肉体的にも筋肉が悲鳴をあげて痛くなったりするでしょう。

ですが、それをぐっとこらえて練習していると、ドラム筋肉もついてきて、なんとなくテンポ180でも叩けるようになります。

すると、当初の目標だったテンポ150はもう余裕で叩けます。

若干根性論みたいなところもありますが、実際僕もそうやって速さの壁をぶち破ってきたので、ぜひ皆さんもトライしてみてくださいね!

 

(2016年11月13日(日) 10:32)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ノリの良い先生につられて、あなたのやる気もワンテンポUP!

ブログ記事 ページ先頭へ