全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #2,197 ...

#2,197 (11/7)~シンバル・スタンド♪

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪

メーカーの協力として私が演奏している「Traps Drums」のデモ動画がYouTubeにアップされてますが、再生回数が8,000回を越えました♪(^_^)/
最近ではメジャーアーティストも使用し徐々に浸透している「Traps Drums」。まだご存知でない生徒さんは是非ご覧になってください。

https://www.youtube.com/watch?v=F-G_kRlvebI&list=PL9wTBO_1pSejZ6U0sGFfs8zw2dsdNnOx4&index=1

さて、今回はシンバル・スタンドをセッティングする時のポイントについて紹介します。
(画像参照)

画像上
叩く側から見てシンバル・スタンドの各調節ボルトが全て右側に揃っているのが分かると思います。これなら座った位置から容易にセッティングができスムーズです(右利きの場合)。

私は自分のセッティングの時は必ずこうしてます。セッティングを手伝ってくれるアシスタントにも伝えてます。

又、気をつける点として、三脚の向きに対してブームの位置に注意。
画像左下は、三脚の所にブームの重心があるので倒れる心配はありません。ボルトの位置も全て揃ってます。

画像右下は、三脚に対してブームの重心がないので矢印の方向に倒れてしまいます。これはかなり危ないセッティングです。生徒さんも自分が叩く時は必ず気をつけてセッティングしてください。


P.S.1
私が演奏している「Traps Drums」の動画がYouTubeにアップされてます(再生回数は何と8,000回を越えてます!)。
自宅等で練習可能な活用法も紹介してます。

●Traps Drums A400NC【Sound Check】
「クリア→コーテッド→解説→メッシュ」
https://www.youtube.com/watch?v=F-G_kRlvebI&list=PL9wTBO_1pSejZ6U0sGFfs8zw2dsdNnOx4&index=1


P.S.2
私の母校である音楽専門学校で行いました特別セミナーが学校HP(トピックス)にアップされてます。

●CAT TOPICS【ドラム】金澤佳幸氏 特別授業
http://www.cat.ac.jp/topics/5834-2016-05-23-07-29-58.html

#2,197 (11/7)~シンバル・スタンド♪

(2016年11月7日(月) 0:18)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ