サイタ音楽教室ドラム教室大分 ラブアンドピース・ドラムス スクールブログ ドラムを始めた...

ドラムを始めたきっかけ

ドラムを始めたのは中学3年生の5月です(月まで覚えてる。笑)。

学校の文化祭で友達とバンドをやろう!という流れになったのですが、ドラム希望者がいませんでした。
「じゃあ俺がやるわ!」って感じで始めたのが、今でも続いてるので人生どうなるかわからないですね。笑

そして、何故かその時「10年以内にプロドラマーになる!」と強く思ったわけですが、それもまた不思議なものだなぁと思います。

それまで、全くそんな事考えなかったのに。笑

それからは、すぐ安〜いドラムセットを家に買って、ポコスカ叩いてました。近所迷惑なやつですが、一回も苦情はきませんでした。奇跡です。(さすがに途中から毛布とか詰め込みましたけど。笑)

10台の頃のエネルギーはすごいもので、河原にスネア持って行って叩いたりもしてました。青春マンガとかの読み過ぎですかね?笑

何だか話はそれましたが、僕の人生の約半分はドラムと過ごしてきた、といっても過言ではありません。

もう家族、というか恋人みたいなものです。笑

多分別れることは無いでしょう。これからも仲良く、一生付き合っていければな、と思います。

 

(2016年11月6日(日) 12:41)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ノリの良い先生につられて、あなたのやる気もワンテンポUP!

新着記事

自分が獲得したい技術をまず自分で認識する。 それさえ見えれば、あとは毎日その達成に向けて 努力するだけです。

自分はどんな演奏がしたいのか。 常に自問自答する。 自分らしい演奏とは何か。 個性の追求。

SNS

TwitterとかInstagramとか、さまざまなsnsがありますが、そういうものに自分の演奏動画をアップするのも、上達の手助けになるかもしれません。 ライブハウスに行かなくても、ライブは出来ます。

とにかくやめずに続けること。 なかなか伸びない時期もありますが、諦めずに頑張ること。 昨日の自分より、少しでも成長していれば、良しとする。

クリックの声?音?を変える事の出来るメトロノームがあると思いますが、たまにそれを変えて練習すると楽しいですよ。 僕はよく、ワンツースリーフォーと声で言ってくれるタイプにして練習します。 2人で練習してる気がして愉快ですよ。笑 前にも書いたかな、この記事?笑

ブログ記事 ページ先頭へ