サイタ音楽教室ドラム教室大分 ラブアンドピース・ドラムス スクールブログ チューニング

チューニング

ドラムは決まった音程が無いので、チューニングをどうすればいいのか分からない、という人は多いです。

僕も割と感覚でやってるのですが、基本的にはハイピッチでチューニングする事が多いです。

フュージョンなどのジャンルが好きなので、アタック感を強く出したいんですね。
ローピッチだと音がブルンブルンになるので、フュージョンなどのシャキっとした音楽にはマッチしない事が多いのです。
強めに皮を張る事でタンッタンッ!トゥンットゥンッ!といったような音を作ることが出来ます。
勿論、楽曲によって緩く張って甘い雰囲気を作り出すこともあります。
皆さんも色々研究して、チューニングを楽しんでみて下さいね!

 

(2016年10月26日(水) 23:33)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ノリの良い先生につられて、あなたのやる気もワンテンポUP!

ブログ記事 ページ先頭へ